雑貨あれこれ

 

日々のくらしに潤いを♪

癒しの雑貨たち


白竹ピクニックバスケット

7000円(外税)


.
白竹ピクニックバスケット
再入荷しました
.
2〜3人のお弁当を入れるのに
程よいサイズ
二本手のハンドルなので
開閉しやすく
留め金もカッチリしまる安心タイプ

小物入れなどにしてもかわいいですよ^ - ^

#わっぱ弁当#アルミのお弁当箱
#スタンレーボトル など も再入荷しています

この季節

入進学のプレゼントにもオススメです♪


リサラーソン 口金ポーチ
2800円(税抜)
リサラーソン 平ポーチ

1800円(税抜)

 

 

リサラーソンの仲間たちをあしらったポーチ二種

入荷しました
.
口金ポーチはざっくりたっぷり
バッグinバッグに程よいサイズ

まーるい平ポーチはマチが少ないので

サニタリーケースなどに便利です

バッグを開けるたび
なんだか楽しい気分になりそうですね


 

有田焼 力士陶人形

29000円(税抜)

 

ハッケヨイノコッタ!
.
そんな声をかけたくなります
.
力強い蹲踞の姿勢
固く締まった大きな体
きゅっと結い上げた大銀杏
.
お相撲さんは美しいのです!!
.
有田焼のおすもうさん
見本市で出会って一目惚れ
隠岐の島は相撲の島だもの
これはお迎えしなければ!
というわけで
ブンテンにおいで頂きました 笑
.
おすもうさんに会いに来てくださいね
.


丸ポスト貯金箱  13000円(税抜)

南部鉄器 岩鋳造

 

小さい頃
せいいっぱい手を伸ばして
この丸いポストの口に
お手紙を入れるのが好きでした

.

ロボットがお手紙を呑みこむ妄想つき

お手紙が手から離れたあと
コトンとかすかに響く音が
ロボットからの
お手紙受け付けましたの合図

お気に入りのお手伝いでした

 

好きだったな~
この丸ポスト

 

 

というわけで
ブンテンお気に入りのちびっこ丸ポストのご紹介

昔私のわくわくを呑みこんでくれたあの魅惑の口は
コインサイズになりました

 

南部鉄の貯金箱です

500円玉でいっぱいにしてみたくなりますね

 

集配時刻を書きこむシールまでついているこだわり具合がさすが岩鋳造 


岩鋳 南部鉄小物

岩鋳の南部鉄器小物 ~風鈴・香炉・レタースタンド~ 入荷しました♪ 

 


南部鉄のよさが近年見直されつつあり

国内はもとより海外でも鉄瓶などが

脚光を浴びているのだそうです

 

小さなちいさな香炉でさえも

持つとずっしり重みがあります

質素な外見でありながら

なんともいえぬ重厚感と無駄のない美しいフォルム

長い歴史と伝統に磨かれてきた

ホンモノだけが持つ味わいでしょう

 

 

左:フクロウの香炉

 

小さなちいさな香炉です

コーンタイプのお香がお楽しみいただけます

 

 

右:フクロウのレタースタンド

 

お手紙やメモの一時預かり所に♪

お部屋に置いてあるだけで

ちょっと楽しい(^'^)

 

 

 

 

 


風鈴各種  

 

からりんからりん

ちりりんちりりん

ころころころ

 

材質によってさまざまですが
どれも「夏」の暑さとその中に漂う一瞬の「涼」を感じさせてくれます

 

目に涼やかなびいどろの風鈴

かわいらしい夏の風物詩を描いた有田の風鈴

高音がなんとも涼しげな奈良のガラス風鈴

 

キンキンに冷えた麦酒とゆでた枝豆

それから軒下に風鈴

蚊遣りにカトリセンコウを炊いて夕涼み・・・

 

夏の夕暮れを楽しんでみませんか?


夏のプレゼントにもおすすめです

博多びいどろ 風鈴

手づくりの優しい風合いと涼しげな色合いがステキ

博多びいどろ 風鈴  3000円(税抜)

有田焼 風鈴

THE 日本の夏♪

うちわ柄 有田焼風鈴  3000円(税抜)

金魚 七種麗子さん風鈴

七種麗子さん作 やわらかな色合いの絵付けが人気です

金魚柄 朝顔柄 バラ柄があります

 

伊万里焼 風鈴  2500円(税抜)


南部鉄 風鈴 1100円(税抜)

 

見た目は地味だけれど

音色で人気はやっぱり南部鉄

澄んだ音色が涼しさをつれてきます

 

花の形と円錐の形があります


天野紺屋 青蛙さんの 藍染小物

がまぐち    3000円(税抜)

バラのコサージュ  1800円(税抜)

 

明治時代から140年あまり続いている老舗 天野紺屋さん
青蛙さんはその天野紺屋の5代目にあたります
古く伝えられてきた藍染の技能技術と

青蛙さんが学んでこられた新しい技法との融合
そこに若い感覚をエッセンスに加え...
素敵な藍染小物を作り出していらっしゃいます

 




 


見守り鬼  (赤)  950円(税抜)

群言堂 ~石見銀山生活文化研究所~

 

大切な人のがんばりどき・・・・

 

どんなに手を貸したくても助けてあげたくても

そっと見守ることしかできないことってあるものです

いや、そのほうがずうっと多い

 

そばにいて

そっと見守ってくれるお守りがわりの小さな鬼さん

 

大切な人の旅立ちの時などに・・・・

 

 

 

見守り鬼という名前のひびき

どこかユーモラスな表情 かわいいフォルム

さしさやあたたかさを感じますね

 

このおにさんたち

福祉施設の利用者さん 支援者さんたちが

1つ1つ 手づくりされているのだそうですよ