グリコのキャラメル?

今年は冬が長かったので、桜の開花も遅れているんだそうですね。

それだけじゃなく、インフルエンザの流行も未だに・・・

 

アバレンボウくんの小学校では修了式の今日も学級閉鎖が解除できないところがあったようです。

最後の日、みんなで揃うことができなくて残念だったでしょうね・・・。

 

先生方の異動の発表も。

 

いろいろと思い入れが深い方が海の向こうから帰ってらっしゃるようで、

4月が楽しみな気持ちもありながら、

その一方、

海の向こうに行かれる先生のお名前を見て寂しい気持ちもあり・・・

 

いろいろな思いが交錯する、そんな1日でした。

  

 

アバレンボウくんの持ち帰った先生方の異動のお知らせをみて、

自分の恩師が隣の島へ行くことを知ったサムライくん。

「島前行くの!? 島前??」と、ひと騒ぎ。

どう思っているのかが、一目でわかるのが彼のよさ。

 

F先生。

キャンプに行ったあかつきには、きっと会いに行きますので、サムライくんが<(_ _)>

…というより、たぶん家族全員で(笑)

 

それから・・・

 

私の大好きな先生が、教職を離れられることも発表となりました。

子どもを見る目がなんともあたたかく

教師として人として

とても魅力的な人でした。

 

どうぞお元気で!

新天地での活躍と幸せを心より、心より、祈ります。

 

 

1年前のこの日、私も子どもたちと学校にさようならのあいさつをしました。

 

不思議なことに、この日までも、この日よりあとも、

『悲しい』という気持ちはあまりなかったように思います。

いろんな思いが入り混じり、複雑ではありましたけど・・・

 

でも、この日だけはちがいました。

朝、車に乗り込んだとたん、いろんな思いが胸をよぎり、

しばらく車を動かすことができませんでした。

「あ~、やめるんだな。私。」

と、思いました。初めて。

 

春の暖かい日差しのせいか、それとも花粉のせいか、

流れてはいないはずなのに涙のせい?と思ってしまうほどに

その日1日、何をみてもすべてがかすんで見えた記憶があります。

 

教職を離れるということを実感したのは、この日だったのかもしれません。

 

 

『学校』という場所のもつ魅力の中で

子どもたちと関わりながら

19年も働くことができたことは

とても幸せなことだったと思います。

 

 

ただ、今の仕事と今のくらしのおもしろさ、その中で感じる幸せや豊かさは、

学校で感じるそれとはまったく異なっています。

今までできなかったことを、一つひとつ、家族で楽しんでいる・・・

そんな感じがするからです。

 

 

時々・・・

 

どちらが楽しい?と聞かれ、困惑することがあるんです。

 

どっちがって、比べることができるものではないからです。

 

強いていえば~~・・・

「麦酒と焼き肉、どっちがおいしい?」

とか。

「アバレンボウくんとサムライくん、どっちが好き?」

とか。

そんな比較できないものを比べてみなさい、と言われている感じ・・・。

 

 

 

「一度の人生で、二度おいしい♪」

という感じでしょうかね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    ちゃりんこやのいとこ (土曜日, 24 3月 2012 02:25)

    行ってきます。
    何かと京見屋分店を利用させてもらい、これからも…というときだったので寂しいのですが、がんばってきます。

    今日は送別会でした。主任への思いがあまりにも大きく、号泣してしまいました。

  • #2

    (^^)/ (土曜日, 24 3月 2012 15:51)

    わたしも一年前を思い出して、思わず(T_T)してました。

    うちの “ほよほよもう6年生!!” が小学校に入学した時、今までそんなこと全然言ったことなかったのに、
    『大きくなったら 学校の先生になりたい!』
    と、突然言い出しました。

    それくらい先生は、子どもたちにも、私たちにも魅力的でしたよ(*^_^*)

    今はまた、ちがった魅力でたくさんの人たちを引き寄せておられるみたいですね(^_-)

    あ、近々顔を出します!! いつでもお店におられるのかな?

  • #3

    kyomiyabunten (土曜日, 24 3月 2012 22:21)

    ちゃりんこやのいとこさん
    『行ってらっしゃい』
    でも、早く返ってきてくださいね~。
    次の分野も、なかなかおもしろそうなところですね。得意分野でしょ?きっと、教員としての力量や視野を広げてくれる3年になることでしょうね。
    「あんぽんたん」争いをした仲間としては、私を差し置いてえらくなっていきそうでちょっと悔しい気もしますが、でも、しかたない、応援しましょう(笑)

    送別会のエピソード、ちゃりんこやのいとこさんらしい、と思いました。直球勝負、いいです。すごく。
    ちゃりんこやのいとこさんのこと。その思い、次の職場で、また別の形で活かすんでしょうね。

    がんばって!!!

  • #4

    kyomiyabunten (土曜日, 24 3月 2012 22:36)

    (^^)/さん
    ほんとに、忘れられませんよ、いまだに。
    「ほよほよくん」「ほよほよさん」のかわいさと、お母さん方の勢いと(笑) ちょうちょを追いかけて嬉しそうに走りまわっている、入学式前のかわいい少年と、それを後ろからやさしい視線で見守っておられるご両親と・・・(何度も言いますけど (^^ゞ それぐらい印象的なできごとでした )

    自分で言うのもしゃくですが・・・あれだけとんちんかんな先生、私なら嫌だと思うんですけど、実に根気強くあたたかく見守っていただいて・・・

    そうそう、ほよほよくんたちの学年のお母さん、どなたでしたか、こんな風に私を評価してくださいました。
    「なにがいいって、いっぱいドジされるので、これでいいんだ、って思えて!」って。
    ・・・一応、「ほめられている」と無理やり解釈したんですけどね (笑)違ってますかね((^^ゞ)

    ぜひ、遊びにいらしてください。
    おいしい珈琲、いれます♪
    その日によって味が違ったりしますけどね (^^ゞ

    楽しみに待っています!

  • #5

    kyomiyabunten (土曜日, 24 3月 2012 22:38)

    (^^)/さん
    言い忘れました! たいがい、いつでもお店にいますよ~♪