日曜日のこと ① アバレンボウくん 運動会の巻

週末はいいお天気、行楽日和でしたね~~♪

わが家

アバレンボウくんの運動会やら

隠岐の島センチュリーライド(勝手に隠岐の島を自転車で走る…)やら

朝から夜まで大忙しの1日でした

 

夜・・・

ちょこっとブログアップしようと思ってたんですけど

さすがにお弁当づくりから始まった超ハードな1日

HPどころでなく 手つかずのまま夢の中へ(^^ゞ

 

 

ということで・・・・・

 

さかのぼり気味のブログです、どうぞ<(_ _)>

 

 

日曜日はアバレンボウくんの運動会でした♪

 

お祭り男 アバレンボウくん

朝からテンションマックス 手の施しようがない…

 

血が騒ぐようです・・・・(^^ゞ

 

 

 

入場行進ではマーチング、タムタムという楽器です

 

 

 

いつになく神妙な顔で

1・2・1・2♪♪

親子競技はお父さんと♪

 

小麦粉の中に隠れたマシュマロを口でとって~

親が蹴り上げたボールを子どもがバケツでキャッチして~

 

 

お約束の「ばか殿フェイス」です(^^ゞ

他にも綱引きやら二人三脚やらリレーやら・・・・

とにかくいつ見てもこの笑顔

 

楽しかったんでしょうね~~~

 

帰ってみれば声はカスカス・・・

大きな声で1日張り切ってすごしたことがよくわかる^m^

 

 

我が子はもちろん子どもたちが

生き生きと活動しているのを見ていると

なんだかこちらも嬉しくなる

 

心が動く、という感じ?

 

 

冗談抜きで

応援合戦でさえ なんだかじ~んとしますもんね~

 

 

 

ぴったり動きがあってるわけでもなく

整然としているわけでもないけれど

ひたすら元気がよくて

それがとてもカッコイイ♪

 

あ~一生懸命練習したんだろうな~、と・・・

 

 

アバレンボウくんたちの色…ではなかったですけどね(^^ゞ

残念 

 

 

 

 

 

考えてみれば

小学校の運動会もあと残すところ1回・・・・

 

お弁当からは解放されるものの

 

やっぱりちょっと淋しいですね~

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    エリザベス (火曜日, 16 10月 2012 21:01)

    どうしてあんなに必死になってしまうのか綱引きって!
    必死なのに超笑顔で\(^o^)/

    ~エリザベスの小学校時代の運動会~
    ①紅白の布を配られて、玉入れの玉を各家庭で縫って行った
    ②校庭を飾る万国旗を生徒が描いた
     低学年は日の丸のような簡単なもの
     高学年は模様が複雑な米国、またはフランスやイタリアみた いに色の並びを間違えてはいけないないようなもの
    ③各種目一番になるとノートや鉛筆がもらえた
     大人はたわしとかタオルもらってた。
    ④運動会の前には生徒が校庭の小石拾いをした

    子供に言ったらうっそーーーーって言われそうですね

  • #2

    kyomiyabunten (水曜日, 17 10月 2012 00:10)

    エリザベスさん♪

    綱引きね~~~(笑) ほんと、必死ですから♪
    子どもって、いや、大人も、動物すべて
    引っ張るのって好きですよね~~(笑)
    しかも勝ち負けかかってたらね~~~♪のぼせます。

    エリザベスさんの運動会、について・・・
    ① 確かに、私も縫わされたことが!!! ただしこれは、作りかえる必要があった年のみ、かな??
    ②今、西郷小学校でも手書きの万国旗、的なものがありますよ♪でも、国旗じゃなくて、一人ひとりの運動会のめあてが自分の色のマーカーなどで書いてありました。
    国旗は無理だろう~~~(*_*) 私もひのまるなら(^^ゞ
    ③あ・・・地区の運動会ではまだその傾向がありますね♪小学校でも!?それは燃えますな~~。
    ④これはあった!はだしで、ひたすら拾わせられました(笑)
    私が勤務した学校でもやりましたね~。西郷はどうかわかんないけど。