うれしい春のおしらせ

支援学校にお勤めの大ちゃん

…茶輪拠屋ブログではこう呼ばれていますのでここでも(^^ゞ…

 

学校からのおたよりをもってブンテンにきてくださいました

かわいい奥さんとお子さんもいっしょに♪

 

卒業生のMくんへの祝詞 そのお礼状です

 

Mくんは3月から島内でおつとめすることが決定したんだそうです

 

 

笑顔がすてきで誰からもかわいがられるMくん

小学校の頃からまじめでやさしいお子さんでした

 

おうちの方も彼の自立を願って支えておられたからでしょうね

小学校の高学年の頃にはラーメンなんか自分で作って食べたりしてましたっけ

 

 

手順が分かれば 準備から片付けまでちゃ~んと自分でできる

 

そんな経験も自信となって

今の彼を支えているのかなとふと思ったりしました

 

彼の就労に向けて力を注いでくださった先生や

彼のよさと適性をきちんと見てくださった会社の方

ここまでの彼の成長を見守り支えた保護者さん

何よりまじめに一生懸命職業訓練などに取り組んだだろうMくん自身

 

いろんな「すてき」が集まって

今日のよろこびにつながったんだろうなと思います

 

障がいのために 

くらしや人とのかかわりなどに

何かしら「やりにくさ」があったとしても

その「やりにくさ」を解消するための手だてを用意すれば

ちゃ~んと「おしごと」できるんですよね

彼のこと

きっとだれより丁寧なお仕事してくれると思います

 

 

Mくんにとって「こんな手だてがあればスムーズにお仕事できる」というポイント

どうかこれからも「当たり前に」大事にされますように

 

 

社会人としての自覚と誇りをもってしっかり歩いていってほしいと願っています

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Mの母 (日曜日, 24 3月 2013 16:35)

    読んで涙が出ました
    色んな人に支えてもらって、理解してもらって、今があるのです(涙)
    あとはどれだけ頑張るかです…

  • #2

    kyomiyabunten (日曜日, 24 3月 2013 22:11)

    Mの母さん♪

    ほんとに嬉しいおしらせでした
    職業訓練の様子を K先生が話してくださったことがありましたよ
    うまくいかなくて慌てたことも
    一生懸命がんばっていた姿も
    いろんな思いで見守っておられたことでしょう
    時々辛口の評価をまじえつつ(笑)
    彼の将来への思いがあふれている話ぶりでした

    周囲の助けも理解もあるでしょう
    彼にとってラッキーな巡り合わせも出会いもあったでしょう

    でもきっと彼の人柄だったりがんばりだったりがキラリと光っていたはず

    私も幾度となくあのMちゃんスマイルに力もらいましたから

    確かにここからが勝負!
    厳しいことだったきっとある!
    がんばってほしいの一言です

    いつかこっそりお仕事ぶりをのぞいてみたいと思っています(笑)

    コメントありがとうございました!