ホタルになって

店長さんのおばさんが亡くなられました

88歳でした

 

通夜が終わり帰り支度の準備をしていると

通夜の部屋の網戸にホタルがとまっているのを

店長さんのお兄さんが発見・・・

 

みんなが玄関から出てきたときも

そのホタルは部屋の中をのぞくかのように

網戸にとまっていたそうですが

そのうち、すうっと飛び立って

空高く消えていったんだそうです

その時は私はホタルを見ることができませんでした

 

今年初のホタルだね~と

みんなでそんなことを言いながら

車が停めてあるところまで歩いていると

 

また

ホタルが1匹・・・

 

私たちの後をついてくるように

車が停めてあるところまで

す~っす~っと

漂うように飛んできて

そのうちまた

す~っ す~っと

点滅しながら

空高く 消えていってしまいました

 

その日 1匹だけのホタル

 

あ~・・・おばさんが

帰っていく私たちを見送ってくれたのかもね、と

その場にいたものみんなが

そう思ってしまうような

 

そんなできごとでした 

 

 

・・・おばさんのこと・・・

 

出会った頃はもう70を過ぎておられましたっけ

 

「小さい頃からよくかわいがってもらった」

店長さんはよく言ってました

結婚したころは2人で

サムライくんが生まれれば3人で

そのうちアバレンボウくんも生まれて4人で

店長さんにつれられて

時々遊びにいきました

 

 

こんな言い方をすると失礼かもしれませんが・・・

ま~るいお顔で

ま~るい体で

ま~るい気持ちで

いつも私たち家族を迎えてくださった・・・

そんなおばさんでした

 

 

 

  

ま~るい 

 

そんなことばがぴったりの

やさしい笑顔が大好きでした

 

お話を聞く名人でしたね

気がつくと

私は自分のことを

ぺらぺらぺらぺら語っていたものです

上手に上手に

お話を聞いてくださる名人でした

 

おばさんとお話していると

おいくつだったっけ??と思うことがよくありました

おしゃれでセンスのいい方でしたね~

 

手塩にかけて育てたでしょうイングリッシュラベンダーをつんできて

ラベンダースティックの作り方を教えてもらいましたっけ

 

刺繍がお好きで

驚くほど繊細なステッチで

絵画のような作品をたくさん作ってらっしゃいました

 

パソコンを勉強しはじめられたのは

おいくつからだったんでしょうか・・・

時々メールをくださることもありました

雛型をつかったかわいいかわいいメールでしたよ

「忙しいでしょうにメールしてごめんね、お返事はいいからね」

と・・・いつも一言添えてある・・・

気遣いを忘れないそんな方でした

 

お花が大好き

お庭にはいつ訪ねていっても季節のお花でいっぱいで・・・

しゃれたカップにおいしい珈琲をたっぷりいれてくださって・・・

ついこの間のような気がします

 

どうぞ安らかに・・・

「天国」とか「あの世」とか

そういいう世界があるのかどうか

それも私にはわかりませんし

そういう表現そのものが

私は好きではないんですけど

 

もしも

そういう世界があるのなら

次の世界で

お好きだったことを

思う存分楽しんでくださったら嬉しいと

心から思います

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    (月曜日, 10 6月 2013 20:32)

    素敵なおばぁちゃんなんですね。
    きっと、笑顔が素敵なおばぁちゃんだったんでしょうね。
    私の亡くなったおばぁちゃんも、体も心も 大きなまん丸い人でした。背中が白くて大きくて いつも香水を欠かさない人でした。おいしいものが大好きで おばぁちゃんのお好み焼きと巻き寿司は 世界一でした。
    分店さんのブログで、思い出しましたよ。
    天国があるかどうかは、わからないけど、困ったとき へこたれそうなとき おばぁちゃんだったら なんて言うかな?見てるかな?って近くに感じます。
    これが、きっとずっとつながっているってことなんだと思ってます。
    お墓参り行かなくちゃ。

  • #2

    kyomiyabunten (月曜日, 10 6月 2013 23:35)

    b♪

    そう、ステキだったよ、とっても。
    年をとることなんか、どうってことない、そんなふうに思える人だったな~
    しばらく会わないでいると、ふと会いたくなるようなね・・・

    私の祖母と雰囲気がどことなくかぶっていたことも、
    おばさんに会いたくなる一つの要因だったかも

    Bばあちゃんも、かわいいおばあちゃんだったんでしょう

    いつだったか、ばあちゃんの寿司がおいしかった、と、
    コメントに書いてくれてたけど、
    そのばあちゃんと、そのお寿司かな?

    こうして、折りにふれて思い出すことが
    1番の供養だと私はいつも思うよ

    ばあちゃんおお寿司に負けない寿司を、いつかごちそうしてもらいに
    京都に行こう♪