明日は 八朔牛突き大会です 

台風上陸か!?ってかなり警戒してましたけど

いい具合に低気圧に変わってくれて一安心でした

 

雨もこれ以上降らなきゃいいですけど・・・

 

 

さて

 

明日9月1日は「八朔牛突き大会」が開催されます

 

「八朔」といえば 隠岐ではこの牛突き大会のことを指す

そう言い切ってもいいのかも(^'^)

 

隠岐の牛突き大会の中では一番歴史がある大会です

江戸の末期には、すでに今の佐山牛突き場で開催されていたのだとか

県の無形民族文化財にも指定されています

 

 

1トン近くある大きな黒い牛たちが

鼻息荒く角を突き合わせる様の迫力たるや・・・・

すごいものがありますよ~・・・

 

私は1度しか見たことがありませんが

しかももう20年近く前のことですが

いまだにくっきり印象に残っています

 

 

いきりたった牛たちの鼻息

巨体がぶつかりあう鈍い音

 

ひいきの牛に対する必死の応援
愛すべき(笑)隠岐弁のやじ
そんなものが一緒になってわきあがってくる歓声

 

真っ赤に充血した試合のあとの牛の瞳

傷だらけの巨体から汗が蒸発しもわっと立ち上がる湯気

 

勝利の後の明と暗

喜びに沸く陣 肩を落とすようにして負けた牛に寄り添う陣営 その情景

 

神聖な雰囲気の中に

酔っぱらっていたりけんかしてたり雄叫びをあげていたり

泣いていたり怒っていたり笑っていたり

人々の営みが見事にまざりあっていて・・・

なんともいえぬ不思議空間でした

 

そこにいるものすべてが1つになる そんな感じ?

 

忘れられませんね~

 

 

 

 

 

「負けた牛はいろいろなことを察して涙を流す」

そう聞いてたんですけど

やっぱり 本当に泣いていました

負けた牛

 

痛みや興奮などから

自然に出てくる涙なんでしょうが・・・

 

なんだか ここまでのドラマを思うと

負けたことで決まってくるこの後の自分の運命を

この牛たちも悟っているかのような気がしてなりませんでした

 

 

 

牛突きに携わっている人には叱られそうですが

牛がかわいそうで

もうたぶん二度と見に行けないとは思います・・・(^^ゞ

 

でも

これがずうっと人々の間で受け継がれ守られてきたことは

大きな島の自慢であり

島の宝だな~と思います

 

 

後継者の育成や金銭的な負担の大きさなどなどなど・・・

今後この牛突き文化を継承していくにはなかなか課題もあるようですけど

なんとか後世に残していきたいですね~

 

 

 

ブンテンのかわいいお客様 Gくんも

明日は牛突きデビュー!?

親戚の牛が出場するので

その土俵入りの行事で出番があるようですよ~♪

 

雨が降りませんように

 

Gくんの活躍と もちろん牛さんの活躍も

楽しみににしています(^'^)

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    門脇のお爺さん (土曜日, 31 8月 2013 23:54)

    ブンテンさん、夜分に失礼します。
    八朔に「秀岐号」牛を揚げる関西隠岐人会の面々8人と、さっきまでマスヤに居ました。「秀岐号」の相手は、東京都万会の「高田山」牛だと思いました。・・・・・・・若干酩酊かも??失礼。
    もちろん、どちらが勝っても恨みっこなしです。勝負は時の運!
    時々、ブログ拝見してますが・・・・それにしても、ブンテンさんは文章が巧いですね。羨ましいです。・・・・・分けても、今日の「牛突き」のひとりごとは、情感たっぷり!感動的文章だ!素晴らしい!!・・・・・と「文章力ゼロ」の爺さんが申しております。

  • #2

    君の瞳にトリドリル (日曜日, 01 9月 2013 13:54)

    同じく!!
    いちこちゃん♫素晴らしい文章力!!!!!
    流石だなぁ…持ってるもの泡で隠してるもんね(≧∇≦)
    私も八朔は一回だけ見に行きましたが、全く同じ気持ちです(・・;)

    最近ご無沙汰してますがまたお店寄らせてくださいね(*^_^*)

  • #3

    kyomiyabunten (日曜日, 01 9月 2013 22:42)

    門脇のお爺さん さん♪

    「秀岐号」の結果はどうだったでしょうか!?
    昨日は大会を前に、皆さんで盛り上がったことでしょうね~♪
    隠岐を離れられた方たちも、牛突き保存にこうして一役かってらっしゃるんですね~! 
    皆さんの思い通じてか、今日は雨もなんとかもったのでは?
    FBをあちこち覗いては、今日の結果をチェックしてるところです
    「もうたぶん見に行かない・・・」
    そう書いたものの・・・
    ほんとは 見てみたい気も少しします(^^ゞ

    牛突きに対する 私なりの応援ができたらいいと思っています


    褒められることなど め~ったにないので
    ドギマギしているブンテンです(*_*)
    それこそ・・・・
    ブログはいつも呑んだ後に書くもので
    誤字脱字はあたりまえ、
    時にはJAROに訴えられそうな誇大表現もあるとかないとか(笑)

    ブログ のぞいてくださってありがとうございました<(_ _)>


  • #4

    kyomiyabunten (日曜日, 01 9月 2013 22:55)

    君の瞳にトリドリルさん♪

    こらこらこらこら・・・
    泡で隠しているなどと・・・・( ゚Д゚)
    ていうか、持ってもないので隠しようもないけども(*_*)

    ほんと、古典相撲にも同じような思いをもったけど
    この牛突きを見た時の衝撃は忘れられません

    これにかける人たちの思いが伝わればこそ
    なお胸が熱くなるというか・・・

    荒けた隠岐弁もかっこよく聞こえてね~~~(笑)

    やっぱりあの負けた牛の傷つき具合と涙が目に焼き付いて
    もう見には行かない、とは思うけれども、
    あの独特の盛り上がりの中に自分も入りたいという思いも少しする(笑) 呑みたいだけ・・・?? いやいや そんなことはない 笑

    古典相撲
    久見の夜神楽
    古典相撲
    あげていけばきりがないけど・・・
    隠岐にはいいものがいっぱい残ってるね~