2014 節分です♪

節分です

 

今ではすっかり

節分といえば「恵方巻」…な感じになってますが

思えば私が「恵方巻」なるものを認識したのは

つい・・・

つい~・・・10年くらい前かな??

 

うろ覚えですが

某スーパーで発見して なんだそれ? と思った覚えが…

 

ぶんてん手帳にもちらっと書いたんですけど

節分に巻きずしを丸かじりで食べるという風習は

大阪は船場にあったんだそうです

 

福を巻き込む

縁を切らない

そんな願いをこめて丸かじり

 

恵方を向いて黙々と・・・

または

恵方を向いて笑いながら・・・

 

なるほどね~・・・

そういうことだったんですね~・・・

 

感心しつつも

今宵ブンテンでは恵方巻を3つに切って食卓に…(;´・ω・)

 

 

どうか来たる季節も

みんなで元気に過ごせますように・・・

いいご縁がありますように・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出雲大社にも ちょこっとお参りしてきました♪

 

毎年 隊長さんが作る雪灯籠がお参りの皆さんを迎えるんですけど

雪のない今年はこんな感じ

 

茶輪拠屋 隊長の力作  「竹あんどん

 

これもまたこれ

ほんのりとした灯りがなんとも幻想的でした

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    (火曜日, 04 2月 2014 22:33)

    関西は、地元だからか、恵方巻き文化は 私の小さいころからありましたよ。   まぁ~ 海苔屋がもうかるようになんですがね。  鬼は嫌いなイワシのにおいが嫌いらしく イワシを食べます。食べた後の頭を ヒイラギの枝にさして 門戸に飾るんですよ。隠岐にはないのかなぁ? 
    あと 新撰組 壬生狂言で有名な壬生寺(京都市)にて、ほうらくという 素焼きのお皿に 家族の性別 年齢 願い事を書いて奉納します。そのお皿は 壬生狂言で 割られるんです。厄払い。私は 生まれが壬生寺の近くなんで 今でも行くんです。 結構 信心深いでしょ。

  • #2

    kyomiyabunten (水曜日, 05 2月 2014 00:49)

    b♪

    海苔屋のPR活動だったらしいね~
    それにしてもうまいこと かけたもんだ、と思った
    福を巻き込む
    縁を切らない
    でも昔の人はそうやっていろんな行事を大事にしてきたんだな~とも思う
    鰯の頭を柊の枝にさす… これも聞いたことあるな~
    でも隠岐で一般的なのは
    トベラの枝を火であぶってそれを玄関に飾っておく かな

    トベラを火であぶるとね、ぱちぱちっと豆がはぜるような音がするので それを嫌って鬼が来ない、と聞いたような気がする
    柊もたしかそんな理由だった??

    信心深い!
    えらい!!

    昔から伝わるもの・風習を大事にしつつ
    ちゃんとそんな行事ごとを行って
    家族や自分の健康を祈ることで
    ちょっと気持ちが改まるというか・・・
    そんな気がする

    厄年の厄払いさえしていない私
    反省 (;´・ω・)

  • #3

    (水曜日, 05 2月 2014 20:47)

    実力がないだけに できる限り 努力は最小限にしたいので 
    一生懸命 神頼み   あかんわな~! 

  • #4

    kyomiyabunten (水曜日, 05 2月 2014 23:51)

    b♪

    よし!!
    最強の神主さんを紹介してあげましょう 笑笑笑