ショボショボしてはおれないので

サムライくんが行ってしまって

 

めそめそしてるんじゃないのか?とか…

落ち込んでるんじゃないのか?とか…

 

メールくださったり

お店によってくださったり

 

 

気にかけてくださってありがとうございます



 

 

そりゃ~・・・気にはなりますよね~…

 

今 どのあたりかな~・・・・とか

船酔いどうなんだろうね~・・・・とか

海が荒れたりしてないのかね~・・・・とか

 

でも

 

国内の実習船の中でも最高最新鋭の機器を積み込んだ船で

優秀なクルーのみなさんがついてくださっている…

 

 

なので

航海そのものにそんなに不安や心配が大きいわけではありません

 

むしろ

あのDVDで見た航海の様子

あの中に息子が今まさにいるのだなと思うと

感動めいた想いが湧き上がってきたりすることもあったりします

 

決して強がってるわけじゃなくて

これはほんと

 

 

 

ただ

やっぱり家族が一人欠ける寂しさにはまだ慣れず

3カ月も長い

 

 

いろんな思いがあってですね

複雑です

 

 

私だけではもちろんなくて

既読の印が出ないLineを1日に30回は眺めただろう店長さんも

借りてきたネコのように静かなアバレンボウくんも

 

きっとおんなじ

 

 

 

 

 

 

ただ

 

ショボショボはしておれませんからね

 

それなりに我が家の面々 楽しく忙しくがんばっています

 

 

ご心配ないようにお願いします

…あ、みなさん、心配してないですかね(;´・ω・)?…

 

 

 

 

☆ おまけ ☆

~ショボショボしておれないので… ~

 

佃屋大将がピックアップした不思議な面々での新年会開催

持ち寄りのお酒とお料理でひと盛り上がり


おいしく楽しく呑めたいい夜でした


そうそう

寒さ対策がまだ十分とは言えないこの冬

しばらく佃屋を閉めるのだそうです



めったに行くわけではないけれど

あの空間が閉ざされると聞くとちょっと寂しい…

島の中に佃屋がしっかり根付いているってことなんでしょう






時々はこんなまじめな会もするんですよ


西町の愉快な面々

昨年たちあげた町づくりグループ「愛の橋商店街」のみなさんです




まじめな話し合いも盛り上がりますが





こちらもやっぱり盛り上がる



お酒も入って口もややなめらかに




こんな形であれこれ語らう中で生まれるものも大きいですね

それぞれが持つ西町やこの島への思いを持ちよりつつつなげつつ

楽しいこと 

おもしろいこと 

仕組んでいけたらいいなと思います




毛利さん持ち込みの日本酒数種

まるで利き酒の会♪



その中で目をひいたのがこの2種

江戸 室町 両時代の当時のお酒を再現したものなのだとか


どちらも特徴的な味わい


私は江戸時代希望ですね 生まれるならば…

江戸の純米酒

きりっとすっきり

そんな飲み口のお酒でした

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    おっかー (木曜日, 15 1月 2015 19:04)

    うわー!!見たことないお酒がたくさんですね・・・。コーラしか飲まないおっかーには、むずかしいですが、隠岐誉・・・日本酒ですね!!
    日本酒も色々です、茶色いんですね。麦茶見たいです。<(笑)>
    ビールしか知らない(笑)恥ずかしい(笑)こんな42歳ですがいいですか?麒麟の淡麗しかわからない・・・。

  • #2

    kyomiyabunten (土曜日, 17 1月 2015 00:56)

    おっかーさん♪

    隠岐のお酒ですよ♪隠岐誉
    お酒を呑まない方には縁がないですもんね~(^^ゞ

    私も初めて見てびっくりしましたよ 室町の純米酒
    当時お酒造りに使ったお米の色がこんな色なんだそうです

    私もね、いつもたいがい麦酒です(^^ゞ
    ただ・・・いい日本酒はおいしいな~と思いますね
    おっかーさん、いつか、隠岐のお酒にチャレンジしてみてね♪