この1週間のこと ~春近し・悲しいニュース・神海丸だより~

レインボージェットが本土と隠岐を結んで走りだしました

アバレンボウくんは「ホーホケキョ 聞いたわ!」と嬉しそう

杉の木立も赤茶色になり今か今かと花粉の放出のタイミングを伺い

もうこれで今年最後かな~と言いつつカニをいただいたりし

気が付けば上着を着ずに買い物に行く日があったりする

 

でも

やっぱりまだみぞれが降ったりもする

 

 

春と冬の力比べ

だんだん

春の勢力が強くなりつつある

そんな1週間でした

 

 

 

そして

テレビが告げる悲しいニュースに

衝撃を受けた1週間でもありました

 

函館水産高校の実習生行方不明のニュース

隠岐の島にゆかりのある少年が巻き込まれた許しがたい事件

 

 

どちらの少年もそれぞれ我が家の息子たちと同じ年齢なだけに

 そして

川崎の事件については

もしかしたら

命を奪った側にも未成年の子どもたちの姿があるかもしれぬという報道も…

 

 命を奪ったり奪われたり

そういう世界に子どもたちがいたのだということ

負のスパイラルの中に

子どもたちが巻き込まれていたということ


もはやどうしようもないこの現実の前に


どうにかならなかったのか

どうしてこうなってしまったのか

憤りや

哀しみや


どこにも吐き出せないまま

様々な思いが渦巻くように胸にあって…

 

なにをしていても

心のどこかにそのことがあって…

 

鉛を飲み込んだような…とは

こんな気持ちのことをいうのだろうと思ったりもしました

 

 

繰り返し映し出される 亡くなったた少年のあの屈託のない笑顔は

わずか数か月前のものと聞きます

あの笑顔が画面に映るたびに胸をしめつけられる思いになる

 

 

 

 

出会ったこともない少年たちのことを思うこの数日であり

出会ったこともないご家族に思いを馳せるこの数日です

 

 

 


 

 

 

 

以下 神海丸航海記録の日報です

 

コーストガード、各船と協議し

日本時間21日9時捜索活動中止。

長音一声黙とうをささげ、漁場に向かう。

23日から3回程度実施予定。

28日入港変わらず。皆元気です。

 

 

捜索期間は1週間ほどと聞きます

まだ少し捜索期間はありますが

実習船たちは捜索活動を終え

それぞれ予定されていた実習・航海に戻ったようです

 

事故海域で同じ年頃の仲間を捜索しながら…

黙とうをささげながら…

 そうしてまた漁場に向かいながら…

息子たちはどんなことを思っていただろうかと思います

 

 

 

捜索活動の進展があることを祈ってやみません

 

 

 

 

 

さて

今日は心待ちにしていた「神海丸だより」が更新されました

 

第5号で操業の様子が・・・

それから「号外」として一人ひとりの顔写真とコメントが…

 

 

操業の様子に「こんなに獲れとるのか!」と興奮し

ある日の夕食ステーキの写真に「いいもん食べてる!」と安心し

某先生からの差し入れチョコに「さすが!!」と感謝し

 

 

そして

なんといっても今回のおたよりで嬉しかったのは

やっぱり

一人ひとりのコメントと写真ですね~

 

 

部屋の友達と3人でパチリ

おどけるN君の隣で満面の笑顔

 

『船内の生活 元気で楽しくやっています!!』

その彼のひとことを物語る表情でした

 

 

しんどい操業も航海も

心に影を落とすような事故のニュースも捜索も

見つけてあげることができないまま去らねばならないという現実も

 

仲間と一緒だからこそ

この時期のしなやかな心で

受け止め

折り合いをつけ

乗り越えて

また前に進む力に変えていくことができるんでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    teru (月曜日, 23 2月 2015 20:16)

    一子さん、確かに…色々、痛ましい事件NEWSが飛び交ってますね。

    サムライくん、仲間たちとの強い絆も作っているのですょ!
    だから、キツイ実習も明るく楽しめるのだと思います(⌒‐⌒)

  • #2

    kyomiyabunten (月曜日, 23 2月 2015 21:55)

    teruさん・・・

    そうなんですよ、ほんとに何とも言えない気持ちになります
    サムライくんたちは仲間と一緒に「命」に向き合うような体験をしているんですもんね

    teruさんが言われるように
    その中で生まれる絆はきっと強いものなんだろうな~…

    それにしても、あの笑顔に安心しました
    楽しんで、鍛えられて、帰ってきてほしいです

  • #3

    おっかー (火曜日, 24 2月 2015 14:09)

    耳をふさぎたくなるニュースが多くて胸が苦しいです・・・。でも神海丸は進んでいます。みんな元気に頑張っています。心も体も人一倍大きくなってかえってきます。小麦色に焼けた顔で元気に帰ってきますよ。

  • #4

    小春日和 (火曜日, 24 2月 2015 18:57)

    初めてコメントさせて頂きます。
    (実は1年程前から時々覗かせていただいてました。)
    我が家の息子も水産高生です。ちなみに…サムライ君の後輩です。
    なので…今回の事故のニュース…来年の今頃は我が子も同じく海の上…そう思うと胸が締め付けられる思いで捜索の行方を見守り続けた1週間でした。
    ニュースを読んでは涙が溢れ、神海丸情報を読んではまた涙が溢れ…そして今も…指導教官の先生のお便りが更新されていたので隠岐水生の様子が気になり読ませてもらったところです。やっぱりいろんな思いが込み上げてしまって自然と涙が溢れてしまいます。
    行方不明の生徒さんのこと…親御さんのこと…北鳳丸の実習生さん達のこと…そして神海丸は勿論、捜索活動に加わった全国の実習船の生徒さん達…その親御さん…。色んな色んな思いがごちゃ混ぜになって、ただただ胸が痛く…ただただ行方不明の生徒さんの発見と、全ての実習船の無事を祈るばかりです。
    我が息子は陸に居るのにこれだけの思いです…息子さんを海に送り出したお母さん達はいまどんな思いでいらっしゃるかと思うと…今までのようにブログを覗き見して立ち去ることが出来ず…失礼ながら初めてコメントさせて頂きました。
    神海丸は再度捜索海域に向かってる様ですね…行方不明の生徒さんの発見、そして、ただただ皆の無事を祈ってます。
    帰ってきたら思いっきり抱きしめて労ってあげてくださいね…!

  • #5

    kyomiyabunten (木曜日, 26 2月 2015 01:59)

    小春日和さん♪

    コメントありがとうございます
    息子さんも水産高校生さんなんですね~
    後輩ということは、ヨット部のということでしょうか?
    普通の暮らしの中では接点のない小春日和さんと
    こうしてつながることができたこと
    哀しいニュースの記事がもととはいいながら
    嬉しい気持ちでいます
    いつもたいがい呑みながらなので
    誤字脱字だらけのまとまらないブログを
    読んでくださってありがとうございまし

    あの事故のニュースが飛び込んできてからというもの
    片時も胸から離れずなんともいえない気持ちで過ごしています
    小春日和さんがコメントに書いておられること
    同じだな~と思いながら読ませていただきました

    親さんの思い胸の内
    一緒に船に乗っていた子どもたちのこと
    先生やクルーのみなさん
    学校でみんなの帰りを待っていただろうお友達の思い
    そして
    同じ年頃の仲間を「捜索」する神海丸の生徒達
    それを支えつつ安全に航海を続けなければならないクルーや先生

    そういった様々な人たちへの思いが胸の中に常にあり
    何かの折にそれがこみあげてどうにもならないことがあります
    周りの人たちの存在に癒されつつ助けられつつ
    先生のあの短い日報や神海丸だよりに力もらいつつ
    捜索の進展があることを祈る毎日です

    命と向き合いつつ
    自然の驚異と向き合いつつ
    南の海でがんばっているんですよね~・・・
    神海丸他、全国の実習生さんたち

    日常とはかけ離れた状況の中で
    捜索に必死で向かっているのだろうと思うと
    我が子ながら誇らしく思います



  • #6

    kyomiyabunten (木曜日, 26 2月 2015 02:06)

    おっかーさん♪

    指導教官便りからも分かるんですが
    子どもたちもこの事件ではかなり心を痛め
    捜索に加わる中でもいろいろな思いを持ち辛い気持ちにもなり
    それでも何とか見つけたいとがんばっているということ
    それがよく分かります
    現実をつきつけられ苦しい気持ちにもなるでしょうが
    その中でも「見つけてあげたい」と思ってくれていること
    そういう子どもたちだということ
    それは誇らしいことでもあります

    あとひと月
    元気で帰ってきてくれるのが待ち遠しいです

    おっかーさん、いつもほんとにありがとう

  • #7

    小春日和 (金曜日, 27 2月 2015 13:27)

    こんにちは。
    お返事ありがとうございました。

    いろんな思いが溢れてしまい、コメントしてしまいましたが、もしかしたら重い気持ちを上乗せさせてしまったのでは…と後になって気になってしまっていたんですが、『嬉しい気持ちでいます』とお返事を頂けて…私も嬉しく読ませていただきました。
    ありがとうございました。

    あ、我が息子はヨット部ではないです。
    隠岐水生…としての後輩です(^ ^)
    紛らわしい書き方をしてしまいました。すみません(^^;;

    1年前…息子が隠岐水を進路先に決めた頃、悩みに悩んでネットであれこれ検索し、そんな中でコチラのブログとも出会い、その頃から、時々こっそり?お邪魔して覗かせていただいていました(^ ^)
    息子にバレるとクレームつけられそうな気がして(笑)コメントも残さず、無礼者で失礼しました(^^;;

    神海丸、いよいよ明日28日ホノルル港に入港ですね。
    たくさんの想いを胸に、それでも『明日』は来るんですよね…
    今回のことで実習生さん達は、きっとたくさんの事を学んだ事だと思います。
    陸にいる親はついついアレコレと考え過ぎるほどに考えて、心が限界になりがちですが、彼らはきっと、前を見据えて一回りもふた回りも強く成長してるんだろうな…と思います。
    きっとサムライ君も。

    これからも、また覗かせてください。
    たまにはコメント残します!(^ ^)(笑)

  • #8

    kyomiyabunten (月曜日, 02 3月 2015 01:38)

    小春日和さん♪

    海の向こうからのご入学なんですね
    隠岐へようこそ、隠岐水産高校へようこそです
    ここに暮らす者として、本当にそれは嬉しいことです
    が・・・
    離れた土地にお子さんを送りだされる立場に立ってみれば
    大きな不安の中で
    昨年の「春」を迎えられたんだおるな~と…

    私の故郷は出雲大社がある大社町なんですけど
    こちらにはお仕事の関係でやってきました
    (そのまま住みつき20年が経過 笑)
    隠岐に行け、と言われた時には青天の霹靂…本当にショックで
    哀しい気持ちでフェリーに乗ったことを
    よく覚えています
    大人でもそうなんだから
    海を隔てたところに息子を送りだすということが
    どれだけ不安で寂しいことか
    とてもよく分かります
    神海丸乗船中の今だから、なおのこと・・・

    わずかでも
    隠岐水産高校の日常や学校行事
    息子さんに関わることが
    ここから伝わったとしたら嬉しいです

    怪しいブログですが
    これからもどうぞよろしくお願いします♪


    追伸
    神海丸
    ついにホノルル上陸しました
    息子からはそっけない到着メールしか届きませんでしたが
    それでもやっぱり嬉しい♪

    どんな顔で帰ってくるか 成長を見せてくれるか
    楽しみでなりません
    あと18日です・・・