ひとまず炙り屋納め 隊員さん島最後の夜の巻

 

全国どこへ行っても

3月は送別会シーズンですが

 

この男ほど

送別されまくっている人はいないかもしれませんね~

 

これでいったい何日連ちゃんなんだろ?という位の送別会ラッシュ

 

 

きっとずうううっとこうやって

4月になってもここにいそうな気がしてましたけど

どうやらそうはいかなかったようで

隊員さん

島最後の夜

 

 

 

 

 

彼の本拠地ともなりつつあった

炙り屋イケダ…茶輪拠屋…での送別会です

 

 

 

 

あいにくの雨模様ですが

そこは茶輪拠屋・・・いや、炙り屋店長

雨除けブルーシートと寒さ対策空き缶たき火で

準備万端

 

 

いよいよこの男を送りだすための最後の儀式スタートです

 

よくも…いや

 

よくぞ

隠岐に来てくれました

 

この出会い感謝しつつのいつもの乾杯

 

 

ちょっと遅れて真打Mさん登場

「こんな男は見たことない!」

そうおっしゃってましたけどね

 

ほんとにその通り

 

こんな男見たことない!!

 

 

 

この日は隊員さんの送別会ながら

隊員さん自らが調達した大量のブリのおかげで

 

見事なまでにブリ尽くし♡

 

 

トロの部分はまさにトロけそう♪

 

ブリブリのお刺身♪

 

そしてメインは

 

昆布の出汁がいい具合にきいたブリしゃぶ♪

 

 

その後も

次々と繰り出される隊員スペシャル

どれもこれも絶品でした

 

自衛隊員にしておくには惜しい料理の腕前

しかも食材調達もお手の物

 

そういえば

松江あたりに彼の師匠がおりますが

同じ匂いを感じますね~~笑

 

彼の本土復帰を松江で待ちわびていることでしょう

いや

師匠自信が隠岐LOVE男ですから

そう思えば

隊員さんの本土復帰は複雑なものがあるかもしれませんね~

 

 

 

そしてこんなサプライズがあるところも彼らしい♪

3年の間

家と子どもたちをしっかり守ってお留守番していた奥さまへ…

 

サプライズバースデイケーキのプレゼント

 

 

忘れられないお誕生日になったでしょうね

3年間奥様もお疲れ様でした

<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

この2人の漫才のようなやりとりも

もうしばらく見納めです

 

 

 

笑いあり…

 

最後のひとこと

感極まって男泣き

 

 

涙あり…

 

 

 

 

 

いつまでもここでこうしていれたらいいのにと思うけれど

そうも言っておれませんね

 

 

 

ああ、ほんとに帰るんだな~と

今さらながらじわじわと…

 

 

でもやっぱり

 

じゃあ来週またここでと

そんなことを言ってみたくなるのは

彼のこの人柄のなせる業か…

 

 

 

 

1本〆でお開きとなりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祈らずとも

彼のことだから大丈夫とは思うんですけどね

 

それでもやっぱり新天地でのご活躍とご健勝を祈りましょう

 

再会の日を

心から楽しみにしています

 

 

 

☆ お見送り ☆

島のあちこちにつながりを作って・・・

  

この春旅立つメンバーと…

 

このメンバーロスに打ちひしがれる隊長と…

この穴は大きいですよ~

 

 

 

 

雨男には似合わないこの晴れた空

 

 

 

 

 

ありがとう

どうぞお元気で

またきっと会いましょう

 

いろんな思いをこめて…

 

 

 

ありがとう

また帰ってきます

 

伝えたい思いをテープに託して…

 

 

 

 

 

たなびくテープの色が

とてもきれいに春の空気感と青空の中に映えて

それが逆に

ちょっと切ない

 

万感 胸に迫ります

 

 

とうとう行ってしまいましたね・・・

 

 

 

小さく小さくなるフェリーをいつまでも見送って・・・・

 

 

 

※ ランキングに参加しています♪

 

※1日1回クリックしていただくとカウントされるシステムです<(_ _)>

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    やっちゃん! (月曜日, 21 3月 2016 03:47)

    この記事だけで、わずか3年間でめちゃめちゃ愛されていた事と愛されるキャラであったことが良くわかりました。
    いいなぁー隠岐!
    隠岐からオファーもらえるよう仕事がんばろう!

  • #2

    ブンテン (金曜日, 15 4月 2016 02:23)

    やっちゃんさん♪

    振り返れば、出会いも強烈でした
    気が付けば、私達家族も含め、周りの人たちすべてと繋がっているという
    その人たらしたるや・・・
    なんとも魅力的なやつでした

    隠岐の島はいいですよ
    いつかぜひどうぞ♪