風の強いイチニチでした

風の強いイチニチでした

 

こんな日に

五箇では山林火災

 

夕方火事を知らせる放送が一度かかり・・・

しばらくして

延焼中であることと第二出動要請の放送があり・・・

 

 

少し離れた所に住む友人の家からも

広がる炎が見えたといいます

 

 

 

この強風ですから

消防活動も難航したことでしょうね~・・・

      

 

消火活動にあたられたみなさま

本当にご苦労様でした・・・

 

 

 

さて

 

風の強いイチニチでしたから・・・

 

 

もはや

花粉のせいか

ほこりのせいか

 

それとも

泣き顔で写真に写るあの子の姿を目にしてしまったからか・・・

 

なんもかんもいっしょくたになって

 

目はもうしょぼしょぼです

 

 

 

 

春の風物詩

港でのお別れの風景

 

今日も店長さんは港にお見送りです

 

 

 

 

この数日が異動のピークかもしれませんね

 

 

 

色とりどりの紙テープが

音をたてて風になびく様は壮観

 

 

そして

ちょっと 悲しい

 

 

 

 

 

 

 

港にはたくさんのありがとうが行きかいます

 

 

 

声になるものも・・・

ならないものも・・・

 

 

こんな風の強い日に

 

大好きなご家族と

大好きな方たちが

島を離れていきました

 

 

テープを引きちぎる今日のこの風はにくたらしいけれど


明日は明日

いい風がきっと吹く

 

 

 

 

どうぞお元気で

新天地でのご活躍を心よりお祈りいたします

 

 

またきっと会いましょう

 

 

※ランキングに参加しています(^'^)

 

※島根情報をクリック♪応援よろしくお願いしま~す(^'^)

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    矢田恭彦 (水曜日, 30 3月 2016 14:48)

    もう40年以上前になりますが
    隠岐からフェリーで帰るとき沢山の紙テープで見送られました。
    子供ながらあの紙テープを持っていると
    ずるずると引きずれれるほどで・・・
    この写真を見て子供の頃の隠岐の思い出を思い出しました。

  • #2

    ブンテン (金曜日, 15 4月 2016 02:10)

    矢田泰彦さん♪

    隠岐の島の春の風物詩でもありますね
    この港でのお見送りの風景
    船の上からの景色にいろんな思いが重なって
    きっと忘れられないものになるんでしょう