隠岐のイチイの木の天板

我が家にやってきたイチマイのテーブル用天板

 

というか

こたつ板というのかな?

たくさんのオキャクサマをお迎えするのに

もう少し家具調のこたつをひろく使えないものかと

店長さんが某・・・吉崎工務店さんに相談したところ…

 

しかも

 

隠岐の木で作っていただけたりなんかしたら最高という

そんな思いもお伝えしたりなんかしたところ…

 

 

こちらの予定に合わせ

あっという間に

いい具合に

天板を作ってくださいました~(^'^)

 

 

 

 

ちょっと赤みがかかった美しい光沢のある板

 

 

イチイの木というのだそう

 

 

1位、2位、3位~の一位みたいと思ったら

まさにそうなのだそうですよ

(◎_◎;)

 

仁徳天皇の時代に

貴族が使っていた『笏』を

飛騨の位山(くらいやま)にあるこの木で作り

朝廷から官位の「一位」を賜ったことから

この木を「一位」と呼ぶようになったのだとか

 

今の時代も神主さんたちが使う笏は

この木で作っていらっしゃるのだそうですね

アウトドア神主さんの笏もそうなのだろうか

(^'^)

 

 

それにしても…

 

 

木肌のなめらかさがなんともいえない♪

このしっとり感はミツロウのせい?

丁寧に塗り込んでくださったのでしょうね~

手触りのいいものにやけに弱い私

すりすりといつまでも撫でていたい感じ~笑

 

2枚の板を継いであるんですけど

中心の大きな木目がぴっちり合うように継いであるので

継目はほとんど目立ちません

 

いくつかの小さな虫食い穴を発見し

触ってみれば

なぜかつるっつる??

 

 

 

時代ものだというこの板

虫食い穴もこの木の歴史と表情…

あえて虫食いのある面を表とし

その穴たちは樹脂でするりと埋め

見た目にも

使い心地にも

響かないようにしてあるという

木を愛する職人さんならではの心にくい細工でした

 

 

イチイの木でこんな大木はなかなかないのだそうですね

ジオを語らせたら右に出るものはないという

某N氏も驚いておられました

 

 

いつの時代から

隠岐の島の景色を見てきた木なんでしょうか

伐採されて板になり

ずっと出番を待って眠っていたんだな~と思うと

この木との出会いそのものに

ちょっと感激♪

 

 

 

 

お店のことも

おうちのことも

 

ちょっとした相談ごとも大事も

いつも丁寧に迅速に…

 

まさに「職人」

 

イイオシゴトしていただきました

(^'^)

 

 

 

 

 

 

イチイの天板

どうぞ見においで下さい♪

 

見学希望の場合は1時間前にご連絡ください

必死で部屋を片づけます

 

 

株式会社吉崎工務店

 

 

 

 

 

 

☆ 今日のほのぼの ☆

 

水若酢神社をちょっとお散歩

 

 

店長さんのお父さんとお母さん

 

 

穏やかな時間が流れています

 

 

 

(^'^)

最近

西郷で顔を見ないと思ったら

すっかり五箇人

 

いいですね

地元にしっかり溶け込んで♪

 

(^'^)

※ ランキングに参加しています (^'^)

 

※ 応援お願いしま~す (^'^)

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    yonasan (木曜日, 16 6月 2016 22:12)

    こうみてもかなり赤みの強い木だというのがわかりますねえ。しかし写真がめちゃうまいわあ ほんとほれぼれします(^^ 
     なんかこう、こういう流れというのがすでに決まっているかのような不思議な時間の流れを感じた一週間でもあります。ほんと楽しいひと時だったんだというのが雰囲気で伝わったので職人やっててよかったなあと思える瞬間でもあります^^まだまだ勉強不足ですけどまたよろしくおねがいします

  • #2

    オカケン (金曜日, 17 6月 2016 07:58)

    おはようございます。ご無沙汰しております(^_^;)
    凄く木目に特徴がありますよね!不思議な木目
    私は今月から新居で暮らしていますが床柱にイチイの木を使ってあります。
    手触り・質感も独特(^_^*)
    一度拝見させて下さい!