今年は大漁(^'^) ~シロイカとシクシクのこと~

 

隠岐の島では

イカ漁が盛んな時期になると

毎晩

毎朝

とれたてぴっちぴちのイカが

あっちでもこっちでも

配られまくります

( *´艸`)

 

漁師さんももちろんですが

イカ釣り大好き男

…イカ釣り大好き女ももちろん…

あっちこっちにいらっしゃいますから

 

 

獲れたてのイカの体色はほんとにキレイ

まだ半透明の体の表面を触ると

そこだけびゅわっと赤くなる

(^'^)

 

見事ですね~

 

 

 

 

多い時には

何十杯単位でいただくことも…

 

 

そういう時は

今日明日の夕食分以外は

ぜ~んぶ冷凍

(^'^)

 

時間がある時はある程度捌いてしまって…

時間が無かったり面倒な時には

1杯ずつラップでくるりんと巻いてそのまんま…

 

 

いざという時の我が家の食卓のヘルパーとして

冷凍庫で待機です

 

 

イカが冷凍保存できるなんて

知らなかった頃には

「バケツ2杯のイカを我が家にくれようとするのはやめてくれ~!」

ホンキでビビってましましたけどね

イカってすてき♪

 

 

 

 

 

 

さてさて

 

ここ2年ほど

シロイカの不漁で寂しい隠岐の島でしたけど

 

 

 

 

どうやら

 

念願の

シロイカ大漁の予感!?

 

 

我が家にもやってまいりました

深夜のおすそわけ

 

 

もちろん

獲れたてピカピカはお刺身に…

フライと炒め物用にとりわけたら

 

残りは

我が家の大好物

「シクシク」に挑戦

(@^^)/~~~

「シクシク」って…泣いてるみたいですけどね

「一夜干し」のこと

 

一度だけ

捌き方をオトモダチに教わったんですけど

もうそんな何年も前のこと

当然…怪しい記憶と化しており

(^^;

 

でも

「シクシク」はなんとしても食べたい♪

 

ということで

 

 

とりあえず

足を切り離さないことを最重要課題とし

うっすらとした記憶をたどりつつ

捌いてみる

 

 

 

 

1杯目はちょっと勇気が必要です

目玉とか嘴とか

ほじくりだすんですから

(◎_◎;)

 

かわいそうに…と思いつつも

「いただきますいただきます」と心の中で唱えて

思い切りよくやるしかない

 

(-_-;)

 

 

なんとかかんとか

ぺらりと一反木綿状態にしたところで

 

 

隠岐の島に住む人なら

誰でも1つは持っている…かもしれない

青い干し網

これに並べてベランダへ♪

 

今日はいい風が吹き渡り

一夜干し日和かも

(^'^)

 

 

 

お昼頃

ひっくり返して夕方まで待つ…( *´艸`)

 

 

夕方には

超テキトー「しくしく」のできあがり♪

 

 

たまり醤油にマヨネーズ

それから唐辛子をちょこっと加えて…

 

 

干すことで増す甘みと味わい

なんともいえませんね~

(^'^)

 

 

 

 

 

大社の実家では

炙ったイカといえばスルメイカ

冬の日に食べるものだった気がします

 

 

 

 

母だったり

おばだったり

ストーブの上で誰かがそれを炙りだすと

途端に漂い出す

あの独特の香り

それにさそわれるように自然とその周りにみんなが集まります

 

 

火が通りはじめると

反ったりあちこち膨らんだりする

イカが焼きあがるまでのその様を見るのも好きでした

 

焼きあがったイカを

アチチと言いつつ手で裂いたり裂いてもらったり

 

 

お皿に山盛りのっかったそのイカを

みんなで競争で食べましたね~

 

シロイカの一夜干しなんかとは全然違うあの歯ごたえ

噛んでも噛んでも噛み切れない

でも

人よりたくさん食べたいから

必死で飲み込み目が白黒する

…ただの欲張りですな…

 

 ごはんのおかずになんてなるわけなく

イカが登場する日はいつもお酒の席

  だから

イカを炙る日はいつも賑やかだった気がします

 

じいちゃんちがすぐ目の前にあり

母のきょうだいたちもなんだかんだと集まっていた我が実家

その頃の

そんな日の

懐かしい記憶です

 

 

 

 

今日はお試しで2枚だけ焼いたシロイカのシクシク

もちろんあっという間にお皿は空っぽ

 

ひときれ、またひときれと

アバレンボウくんの口に運ばれるシクシクを眺めつつ

幼い頃のそんな実家の光景を

ふと思い出しました

 

 

 

※ ランキングに参加しています(^'^)

 

※ 応援よろしくお願いしま~す(^'^)

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    港町13番地 (金曜日, 09 9月 2016 13:29)

    しろいか・・・美味いですね、おさしみが最高、シクシクも結構!
    簡単調理で、調味料ほとんど使わずとも・・・・こんなにおいしい!
    我々が、生活の中で実感する素朴な美味しさ!!
    これを、そのまま、観光客に定量的に提供することができないものか??
    この町が「観光」基軸で生きぬく覚悟なら・・・なにかが足りない??
    そう、思いませんか???
    点はとても素晴らしい・・でも線に伸びない?…面に広がらない??

  • #2

    ブンテン (金曜日, 09 12月 2016 01:01)

    港町13番地さん♪

    全く同感です

    我々が当たり前に食べている海の幸
    当たり前とは言いながら実は当たり前ではなく…
    みんなが隠岐に行けば新鮮でおいしい朝どれの海の幸が食べられる、手に入る、
    そう思っているのだけれど
    実はそうではない・・・ということ

    漁師さんたちの普段の食卓
    これが一番贅沢な隠岐めしで、
    そして、それが食べられる、提供できる、そんなお店ができればいいのに、と。

    観光のみなさんが求めておられるのは
    どこででも食べられるお料理膳ではなく
    これぞ隠岐・・・そう思える「隠岐めし」なんだろうなと思います