つれづれに… 「おまけ」の力はけっこう大きい

隠岐にきて間も無い頃に

担任させていただいたHちゃんが

お買い物にきてくれました

 

かわいいおこちゃまを抱っこして

(^'^)

お母さんにそっくり♪

 

 

 

一緒にやってきてくれたオトモダチのKちゃん

実は

よ~~~く知ってる方のお子さんだったという

 

いろいろとつながってますね~♪

 

 

Kちゃんもおこちゃま連れ♪

 

 

 

5日違いで出産したのだとか

 

ママも同級

子どもも同級

 

楽しそう~♪

 

 

 

ゲップしたと言っては笑い

大きな声をあげたと言っては笑い

まだ寝てると言っては笑い

 

なんとも幸せそうな2人に

私たちも混ぜてもらってつい長話

 

なんとも嬉しい時間でした

 

 

 

 

  

何年かぶりに出会っても

当時の面影そのまんまの子もいるし

ずいぶん雰囲気が変わっていて

わたしわたし、ほら、わたし!と

名前を言われてはじめて「きゃ~~♡」となる子もいます

 

一生懸命お仕事している姿を見かけたり

いいお母さんになって

お子さん連れでお店に来てくれたり

  

そういう姿に出会うと

 

小さかったあの子たちが

それぞれにそれぞれの時間を重ね

 それぞれにそれぞれの居場所を定め

自分の人生を

そうしてしっかり歩いているのだな~と

しみじみ嬉しくなります

 

自分にも

それだけの年が流れたこと

これも実感しますけどね

(^^ゞ

 

 

 ☆ おまけ ☆

 

冬至の翌日

門脇食料品店さんにお買い物に寄りました

 

入るなり目に飛び込んだのは

小さな段ボール箱に山盛りの柚子

 

ご自由にお持ち帰りくださいのヤツ

(^'^)

 

 

気が付けば

冬至だというのに

柚子湯も入らず

かぼちゃも食べず

いたって普通に過ごした我が家

 

籠ひと盛り頂いて帰ることに…♪

 

そういえば

 

念願だった自家製ツナを作ってみようと

意気込んだのはつい先日のこと

 

blogより  ヨコワな日々~自家製ツナ~

 

その際

自家製ツナを作るには鷹の爪が必要・・・と

閉店間際の門脇食料品店さんに飛び込んだのですが

あいにく品切れ

 

ところが

「ちょっと待ってて」

なんと

門脇さん自家製鷹の爪♥

 

ありがたく頂いて帰り

ツナの香り付けに使わせていただいたという

そんなこともあったりして…

 

 

こういう心配りやサービスは

やっぱり

町の小さなお店ならではです

 

 

 

そうそう

 

 

 

最後の1袋だったハバノリを買わせてもらったその翌日

昨日買ったノリよりいいのが入ったから…と

翌日の朝一番

わざわざ交換にきてくれたのはいしたにさん

 

日々のお買い物の中でも

何気なく手に取って籠に入れたお野菜なども

あら あっちのほうがいいのにと

わざわざ取り替えてくださることがあったりする

 

 

夕方しろばら牛乳を買いに立ち寄った時のこと

きっとおやつに食べようと思っていらっしゃったんでしょう

いしたにお母さん手づくりの

できたてフレンチトースト発見

 

ひときれ勧められて頂いたんですが

ちょうどおなかがすく時間帯

とってもおいしい

( *´艸`)

 

勧められるまま全部食べてしまった…なんてことも(;'∀')

おいしくてついつい

我ながらひどい

(/_;)

 

 

 

門脇食料品店さんしかり

いしたにさんしかり

 

町の小さな商店ならではの「小さなおまけ」的できごとに

時々「ほっこり」を頂いております

 

 

 

小さかった頃

グリコのキャラメルが大好きだったのは

あのおまけがあったから

箱を開ける時にわくわく感がなんともいえませんでした

 

なんてことはない

小さなおまけだけれど

あのおまけがもたらす喜びは実はデカかったんだよね~と

ふと思う

 

 

 

 

 

このところ

慌ただしく過ぎる年の瀬の日々ですが

 

 

1日遅れの柚子湯につかり

 

明日もがんばろうと思った夜でした

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    港町13番地 (日曜日, 25 12月 2016 08:50)

    ~~ 節くれの 十指を包む 柚子湯かな ~~
    ~~ 縦糸に 紡ぐ横糸 去年今年 ~~

    お願い~~小文字のコメントの「文字色」をもう少し濃い色にしていただくと喜びます(老害で視力減退、哀れなじいさんです)