またまた寒波…雪の夜の八尾川…

魔の金曜日

 

朝は運航と放送があった隠岐汽船のフェリーでしたが

やはりこの雪この海況

厳しかったようで

午後からは欠航となりました

 

なんと4週連続

悪天候の中迎える週末です

 

 

 

 

まあ…あれもこれも隠岐の島ぐらし

 

そういうもん

そういうもん

 

そう思いつつ

ストーブにあたって外を眺める

 

そんなイチニチ

 

( 一一)

 

 

でもですね

今日はこの雪のおかげで

ちょっとイイモノ見てしまいました

( *´艸`)

 

 

お風呂に入る前

外を見ようと何気なく開けた窓

 

その向こうに拡がったのは

 

あまりのきれいさに慌ててスマホを取りだしてパチリ
あまりのきれいさに慌ててスマホを取りだしてパチリ

 

辺り一面 雪ゆきユキ

家も 木々も

ブンテン父さんの畑もテラスも

なんだかうっすら明るく浮かびがって

 

いつもとまるで違う窓の外

 

そして極め付けは

もくもくの雲

夜なのになんだあれはと目をこすりたくなるような

 

 

 

 

これは八尾川も絶対きれいに違いないと

脱ぎかけた上着をまたまた着込む

 

店長さんと八尾川橋まで出動です

 

 

隠岐の島 雪の夜の八尾川
撮影:店長さん

 

昼間の雪はやみ間を迎え風もない

川面もぴたりとその波を止め…

 

さっきのもくもくは

少しずつ流れて形を変えつつあったけれど

川のずっと向う側に

まだ居座っていて…

 

 

神々しくもあり

怪しさもあり

 

ちょっと神秘的で異次元の空

 

 

隠岐の島 八尾川 雪の夜の八尾川

うっすら明るかったのは

お月さまがそこにいらっしゃったから

 

まさに

月あかり雪あかり

(^'^)

 

 

 

 

人っ子ひとり車一台通過せず

聞こえるのは

店長さんの構えるカメラのシャッター音

ちょっと凍った雪を踏みしめる乾いた音

 

 

しんとして無音の世界でした

 

 

 

 

くるりと振り向けば国府尾山(コウノウザン)

昔むかしこの山の頂上には

国府尾城というお城があったのだそう

地元では「城山さん」と呼ばれ親しまれています

大津橋のたもとから上がっていくこともでき

小学校の社会の学習などで見学に出かけることも…

そこには当時の気配を忍ばせる雰囲気があり

落ち武者が出る…などと

子どもたちにとっては

ちょっとした恐怖を味わえる場所らしい

…落ち武者など誰も見たことはありません念のため…

 

 

国府尾城 城山

山も

家々も

あたりの木々も

それから

川に浮かぶ漁船たちも

 

雪の帽子をこんもり被ってひっそりと美しい

 

 

 

なんとも幻想的な雪の夜の八尾川でした

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    13番地 (土曜日, 11 2月 2017 09:08)

    一句詠みたい写真、だけども詠めない?
    真夜の月って、こんなに奇麗に映りますか?感動ものですね!!
    ~~落ち武者の伝説秘めて山眠る
    ~~冴え冴えと川面を照らす真夜の月
    ~~