· 

中屋万年筆店のこと ~松江~

 

 

おひさまの日差しが差し込む窓辺にいると

暑い感じさえするけれど

吹く風は冷たくて

少しずつ冬の気配が混じります

 

今日は立冬でした

暦の上での冬の始まり

 

 

日も短くなりました

 

 

 

お店のガラス窓の外

いい具合の夕焼けが目に入り

八尾川橋の上から見てみようと思っていたのに

お客様と話し込んだわずかの間に

 

いつの間にか

夕焼けのショーは終わりを迎え

・ 

なんとか拝めたのは夕陽のおこぼれ

 

 

う~ん

なんとも名残惜しい

 

 

 

(^^;

 

 

 

さてさて

 

 

先日 

 

修理に出していた万年筆が

帰ってきました

 

 

 

 

  

丁寧にていねいに梱包された私の万年筆

 

そして

 

万年筆の扱い方あれこれが書かれたプリントに沿えて

万年筆でさらさらっと書き込まれた

中屋万年筆店さんからの短い短いお手紙

 

 

 

 

前略

2本共に平成22年に修理してます

 

万年筆自体はほとんど悪くなっていません

この先何十年も使用出来ると思います

大切にお使いください

ペン先が曲がっていましたので修理しました

之で大丈夫です

 

私も92才ですので之で最後の修理です

 

 

 

 

 じーんときて…

思わず涙が出そうになりました

 

 

 

中屋万年筆店の店主

久保勝彦さん

 

 

 

久保さんの

このお仕事に対する思いや姿勢

 

万年筆への愛情や

修理した万年筆を使う人への願い

 

 

そして

 

久保さんの生きざまや

久保さんの人柄や

 

 

様々なものが

この数行に凝縮されている

 

そんなお手紙でした

 

 

 

 

 

 

…中屋万年筆店 久保勝彦さんのこと…

 

初めてそのお名前を聞いたのは

大事にしていた万年筆のペン先を傷め

途方に暮れていた頃のこと

 

 

 

文具店にも相談しましたが

修理は難しいとのこと

 

これはもう無理かもねとあきらめかけていたところ

松江に万年筆の修理をしてくれるお店があるらしいと…

 

 

それが

中屋万年筆店さんでした

 

中屋さんのお手紙によれば

 平成22年なのですね

誰がどんなペンのどんな修理を依頼してきたのか

きちんとカルテを残していらっしゃるのでしょう

 

 

今では万年筆の修理調整の技術を持つ方が

本当に少なくなってきたそうです

 

特に万年筆の命ともいうべきペン先

このペン先の開き具合を

使う人の筆圧や角度などを考慮しつつ

指先で調整する繊細な技術を持つ職人さんは

全国にも数えるほどしかいらっしゃらないのだとか

 

 

 

久保さんの素晴らしい技術を求めて

全国から万年筆の修理の依頼が舞いこむのだそう

 

万年筆の聖地と呼ばれていることも

後に知りました

 

 

初めて修理依頼をした折

不具合があった私の万年筆の書き味を

見事に蘇らせていただき

手入れの仕方を細かく書いたプリントを添えて

送り返してくださいました

 

 

教員としてここに来た年に求めた万年筆

思い入れのあったその万年筆を

教員というお仕事を終えるその年に

見事に蘇らせていただいたこと…

 

そんなことにも

なんだか不思議な巡りあわせを感じ

 

久保さんにお会いしたいと

数年前に1度

お店を訪ねたことがありました

 

けれど

 

残念ながら

ちょうど久保さんはお休みで

お会いすることはできず

そのまま今に至ります

 

 

 

 

 

 

 

之で大丈夫です

何十年も使用できると思います

 

なんとも心強い久保さんのヒトコト

 

そう言っていただいた万年筆は

修理に出す前よりもなめらかな書き味となって

ここにあります

 

 

誰かが愛用していたモノに

また命を吹き込んで

自信をもって

思いを添えて

その人の手もとに送り返す…

 

なんと素敵な仕事だろうと思います

 

 

私も92才ですので之で最後の修理です

 

深い深いヒトコト…

久保さんの思いと人生のありようがにじむような

そんなヒトコト…

 

もう2度と傷めることのないように

大事に大事に使わねばと心から思いました

 

 

 

 

 

 

久保さんに会いに

中屋万年筆店に行こうと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    サージャン (金曜日, 21 12月 2018 09:45)

    2018/12/20
    この記事をみて、中屋万年筆へ行って来ました。ご夫婦ともお元気でした。私の両親が使っていたパイロット万年筆、ペアです。これは50年くらい前でしょと言われました。中が腐っているかもしれないけど、修理してみましょうと言われ、預けて帰りました。

  • #2

    ブンテン (火曜日, 25 12月 2018 06:28)

    サージャンさん♪

    中屋万年筆店へ行かれたのですね~!
    中屋さんご夫婦がお元気で今もお店をやっていらっしゃるとのこと、
    気になっていたのでとてもうれしい情報でした。
    ありがとうございます。

    たかが筆記具、されど筆記具。
    万年筆を持つ方というのは、ご自身の万年筆に思い入れを持っていらっしゃる方が多いと思います。
    そんな方にとって、万年筆を丁寧に蘇らせてくださる中屋さんは
    ちょっと特別な存在ですね
    今年100周年を迎えるという中屋万年筆店さん。
    そこまではがんばるとおっしゃっていました。
    跡継ぎがいないので、これでこの店もしまいます、と。
    まだまだご健在でがんばっていただきたい気持ちもあり
    おつかれさまでした、と、言ってさしあげなければいけないのだろうなーという思いもあり。
    とても複雑な気持ちです。

    ご両親が使っていらっしゃった万年筆…復活するとよいですね。

  • #3

    野村光男 (金曜日, 11 1月 2019 20:00)

    2年前に中屋万年筆さんで万年筆を買わせて頂きました。
    最近、パイロットのキャップレスが気になっていて、また中屋万年筆さんで買おうか、楽天で買おうか迷っていたのですが、こちらの記事を拝見し、やはり中屋万年筆さんで買わせて頂こうと思いました。
    明日行ってきます!

  • #4

    ブンテン (土曜日, 12 1月 2019 06:48)

    野村光男さん♪

    2年前というと、ちょうどこの記事を書いたのと同じ年。
    昨年で100周年をお迎えの予定だったと記憶しています。
    そこまではがんばる、と、私がお会いした時にはおっしゃっていたのですが
    年が明けた今年、まだお店をやっていて下さっているのならとても嬉しいです。
    平成最後の年となる今年。中屋万年筆店は101周年…
    すごいことですね。

    私が久保さんに初めてお会いしたのは
    この記事を書いてしばらくしてからでした。
    …その時のことも確かブログに書いたかも…
    どうしても、久保さんから万年筆を1本、頂きたかったのです。

    私はどちらかというと形から入るタイプ。
    次はこのようなのがあったらいいなと、いろいろと考えていましたが、
    でも、久保さんにお話しすると、
    1本の万年筆を勧めてくださいました

    もう、どこから見ても万年筆。パイロットのカスタムシリーズです。
    色味があったり柄が入っていたり、ちょっとそういうものをイメージしていたので
    どうしようかなと思ったのですが
    久保さんがこれを勧めてくださる理由を聞き、これに決めました。
    更に、私の筆圧と書き癖を見て、ペン先を修正してくださいました。

    カスタムシリーズはただでさえ書きよいことで有名だそうですが
    現在私の万年筆の中でも特別な1本となっています

    野村さんにも、久保さんを介して万年筆とのいい出会いがありますように願っております。




  • #5

    野村光男 (火曜日, 15 1月 2019 18:40)

    1月12日に中屋万年筆店に行って来ました。
    当初の予定に反して、奥様から勧められたパイロット・カスタム74中字を買わせて頂きました。
    私が既に持っている万年筆はどれも細字なので、違うタイプの万年筆を持ってはどうかということで、中字を勧められたのです。
    私もパイロット・カスタム74も気になっていたので、迷わずそれにさせて頂きました。

    こちらの記事に出会い、背中を押されて・・・。
    やはり中屋万年筆さんにして良かったです。
    大切に使いたいと思います。

    (2時間ほどお店に居たのですが、その間に隠岐出身で京見屋分店様を知っているという方も来店されました。)

  • #6

    ブンテン (火曜日, 22 1月 2019 14:36)

    野村光男さん♪

    カスタムシリーズにされたのですね!
    プロのお話を聞くと、やっぱり心が動きますよね
    この方の勧めるものなら間違いない、と、あの時の気持ちは
    今でもよく覚えております

    そういえば、カスタムシリーズは今年100周年を迎えるのだそうですね
    ということは、松江の中屋万年筆店さんとほぼ同じ時代、同じ時を重ねてきたわけなのでよね。そう思うと、なおのこと、あの万年筆にしてよかったなーと思えます。

    野村さんも、中屋さんで万年筆とのいい出会いがあったこと、嬉しくなりました。
    お知らせくださりありがとうございます


    隠岐出身の方。ブンテンをご存知とのこと。。。どなただったのだろう…笑
    気になります。