· 

津井の池~サイノイケ~探訪 

一気に涼しくなりました

 

いや

もう寒いと言うべきそんなレベル

 

フリースを羽織ってもやっぱりまだひんやり感はぬぐいきれません

 

ひと雨ごとに秋が深まっていくのですね

 

 

さて

定休日の午後

ちょこっと時間ができたので

隠岐の島プチ探訪

 

 

 

津井の池…サイノイケ…に行ってきました

 

引率はもちろん副隊長さん

 

 

犬来の集落を抜け

車一台ようやく通れるガタガタ道をしばらく走ると

津井の池にゆきあたります

 

地図上には『津井の池』という表記はないけれど

津井地区にある『男池』と『女池』の2つの池を

『津井の池』と呼んでいます

 

 

私達がたどり着いたのは『男池』…オイケ…  

 

それは

鬱蒼とした藪と山に囲まれた中にぽかっと開けた小さな池でした

 

転覆したままのボートがちょっとうら寂しい…

 

ここ津井の池には池の主が住んでいて

薄暗くなってから『お~い男池の〇○○○や~い』と呼ぶと

その主が池から現れる

な~んて伝説も聞いたことがあります

 

 

確かに

こうしてここに立つと

池の主に出会えそうな気がする

(;゚Д゚)

 

 

 

池に沿って対岸に向かって続く細い藪道が1本…

 

 

 

 

おひさまの日差しは完全に遮られ

昼なのに薄暗い藪道を

怪しい探検隊は進んでゆきます

 

 

 

 

 

歩く道々

たくさんの秋の実りを発見

 

椎の実どんぐり芝栗あけび

 

 

かわったきのこたちも

あっちにひょっこり

こっちにひょっこり

 

いかにも「キノコ」的スタイルのこの子

食べられそうな気もするけどちょっとコワイ

(;・∀・)

 

 

木の幹から生えていたのは

真っ白に光輝くきれいなキノコ

 

 

ヒカリダケと命名しましょう

(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで 

きょろきょろしながら進むこと…15分ほど

 

 

 

視界が一気に開け…

海に出た

(^^)/

 

 

小さな丘状に盛り上がった部分に沿って

ごろんごろんとしたごろた石の浜

 

それがやや急な傾斜になって海に向かっています

 

地図でみるとこんな細~い土地なんですな

今にも途切れてしまいそうな帯状です

 

 

『男池』と並ぶ『女池』も見てみようと

ごろた石の上をひょこひょことなりながら

海岸線を歩いていきました

 

 

海岸線をのんびり歩くと

いろんな物が目に入り

もうそれだけでわくわくします

 

 

店長さんは

いきなり謎のガラス瓶をみつけて大興奮

('Д')

 

表記をみれば中国か台湾か…

そのまま割れずにここまで流れてきたのだな~

 

くっきり分かれた石の層と土の層

 

この層の境目に

時代の境目も重なっているに違いない

 

 

 

 その土の中に埋もれるように

きらりと光る漆黒のカタマリがあっちにもこっちにも

 

 

矢じりにも包丁にも加工できそうな

いい黒曜石がたくさんありました

 

 

 

 

 

何かをはさみ込みそのまんま固まったとしか思えない

不思議な石

 

 

海藻かな~それとも魚かな~

 

何かの気配をうっすら写すま~るい石

 

 

 

 

半分石に埋もれるように横たわる

朽ちた小さな木造船

 

 

ま・・・まさか

彼の国の人がこれに乗ってやってきたとか

(;゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

以上

私の妄想的つぶやきです

根拠は一切ありません

(^^ゞ

 

 

ビーチコーミングタイムは

もうそのまんま

ジオパーク真っ只中という感じ

(^'^)

 

 

 

結局『女池』にはたどり着けず

時間もなかったので引き返しました

 

 

 

 

25年目にしてたどり着いた

隠岐の島の「はしっこ」の海岸線です

 

 

まだまだ見たことのない「島のはしっこ」があるに違いない

 

 

「島のはしっこ」探検に

ちょっと興味がわいてきた

そんな隠岐の島プチ探訪でした

 

 

 

・・・ はしっこにあるもの ・・・

 

池のほとりから小高い山に続く細い階段

 

 

その階段は

 

登っても

 

 

 

登っても

 

 

登っても登っても登っても

 

もうこの先を登りきれば終わりが見えるか!?

 

次第次第に棒のように重くなる足を引きずるように登るのだけど

 

その期待はあっさり裏切られ

まだまだ続く階段

 

いや~~~久しぶりに出会いましたね

こんな鬼階段

 

 

 

 

しんどすぎて

こんな顔になります

 

でもね

振り返ると実は絶景

(^'^)

 

 

 

 

500段近くの鬼階段を征服すると

そこには

小さなかわいい灯台が待ち受けておりました

 

池尻埼灯台というのだそう

 

昔はもう少し見晴らしがよかったのだそうですが

残念ながら今はうっそうとした木々に囲まれ

海を臨むことはできませんでした

 

 

昭和51年に点灯されたという

小さなかわいい灯台

 

ひっそりと

でも

船の航行が安全になされるよう

ここで何十年もオシゴトしている小さな灯台

 

 

 

 

そうそう

今年は灯台150周年の年

記念切手買いましたからね

(^'^)

 

我が国初の様式灯台「観音埼灯台」ができた年から数えて

今年が150年目にあたるのだそうです

 

 

灯台の日である11月1日

島の灯台巡りしてみるのもいいかもしれませんね

 

 

 

・・・ おまけ ・・・

 

 

犬来からの帰り道にちょこっと寄り道

 

 

小さな祠を守るように

ひっそりと立つ大きな大きな樹

 

 

 

 

なんとも神々しい景色でした

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    hege (木曜日, 11 10月 2018 21:08)

    貴重な探訪記と写真ありがとうございました。

  • #2

    hiroki (木曜日, 11 10月 2018 21:51)

    先日隠岐の島一周後にお邪魔した者です。隠岐の島、本当に良い所で今度はゆっくり行きたいと思いました!
    お店にあった手作りのサイクルスタンドを作ってみたいと思っています。

  • #3

    kazuma hara (金曜日, 12 10月 2018 00:04)

    身近な場所を冒険するのいいですね!
    読んでいて、こちらも楽しい気分になりました(^^
    ありがとうございます。