· 

お正月雑感あれこれ

三が日もあっという間に終わってしまいました

 

ブンテン恒例のお正月本土旅ですが

今回はちょこっと足を伸ばして

香住まで行ってみようと目論んでいたのに

天気予報の雪マークにびびってしまい

あえなく断念

結局私の実家周辺を徘徊する旅となりました

 

 

 

いつもだと県内各所での仕入れや買い付けも行くのですが

 

今回はそうした用事は一切入れなかったので

日頃ご無沙汰してばかりの家族や親せき…

入院中のおじやおば…

海の向こうを気にしながらもなかなか会えない

そうした人たちにゆっくりと会うことができて

それはそれでよいお正月を過ごしました

 

 

 

 

三日三晩連続で

我が実家の兄弟や親せきと食卓を囲むことなんて

よくよく考えてみれば本当に久しぶりのこと♪ 

 

 

 

我が一族のアイドルれいれい

 

まさか

こんな技が使える暴れん坊になっていたとは

 

拡げた自分のスカートで相手の頭を包む攻撃

一撃必殺

おもろすぎる

 

 

もちろん

改めて思い知らされるのは

育ちゆく次の世代のことだけではなく…

 

 

せわしなく台所に立つ母の後ろ姿や

相変わらず嬉しそうにお酒の瓶をささげて廊下を歩く父の姿や

それは

実家の景色と一体化した見慣れた父母の姿でありながら

でも

周りの景色はちっとも変わらないのに

その中にある二人の姿だけが

ちょっとだけ「小さく」なっている…

 

そんな姿に

じわじわと彼らに押し寄せているらしい「年波」を

痛感したお正月でもありました

 

それがちょっと切なくもあり…

そして

2人で元気でがんばってくれていることがありがたくもあり… 

 

 

 

 

同じ島根なのに

海が間に入るとやっぱり遠いのです

 

 

 

 

 

 

・・・ おまけフォト ・・・

 

平成31年の幕開けは快晴でした

 

 

氷点下だった大晦日の夜の冷気のせいか

海面からは湯気がたちのぼり

 

幻想的な西郷湾の景色

 

元旦から釣り場の縄張りを守っていたのはヨットマン

ご苦労様です

今年もまちがいなく豊漁でしょうね

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

 

 

1月3日の出雲大社は

まだまだ参拝客で大賑わいです

 

勢溜から見下ろす日本一の大鳥居

 

八雲立つ…という表現がいかにもぴったり

もくもくと沸き上がるように巻く雲と

その隙間をぬって真っすぐに差し込む光の矢

 

出雲大社に向かうこの車の列は

いったいどこまでつながっているのだろう

 

 

・・・・・・・・ 

 

 

 大社の1月3日といえば「吉兆さん

 

大社では

「きっちょさん」と親しみを込めて呼ぶこの正月行事

 

出雲大社周辺の町内会ごとに

「吉兆幟」と呼ばれるのぼりを掲げながら

お囃子に合わせて練り歩き

出雲大社などで祝い唄を奉納

この一年の五穀豊穣や無病息災を祈るものです

 

 

 

私たちが参拝した時間帯だけでも

5~6組の吉兆さんに出会いました

 

 

その中の1組の中に

なんと同級生を発見して大興奮

 

小学校時代のあそび友達

中学校では器械体操部の仲間

 

お久しぶりのIくんです

 

FBではつながっていたけれど

こうして出会うのは…もうかれこれ??かれこれかれこれ??

 

30年はたってるに違いない

 

 

 

 

 

 

この直後に餅屋のあかみっちゃんとも遭遇

 

どうしているかな~と

実家で話していた直後だったので

これまた感激

 

 

 

・・・・・・・・・

 

 

 

 

松江の服部さんにて…

コーヒーの深い香り

生クリームのまろやかさ

ほんのりとした甘み

冷たさと熱さのせめぎあい

 

 

ウィンナー珈琲

 

家ではたいがいブラックですが

喫茶店にくると

これが飲みたくなるのです

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

隠岐の島に帰ってきた夜は

ポストを開けるのがとっても楽しみ

 

どさっと届いた年賀状

 

その中のイチマイ

 

こんな宛名で届いたのは初めて

 

なんともうれしいイチマイ

 

AくんIくん

夏に帰ってくるのを楽しみに待ってるよ~♪

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    hege (土曜日, 05 1月 2019 15:47)

    確か郵便は、「あて所」に配達することになっているはずです。

  • #2

    ブンテン (土曜日, 05 1月 2019 16:52)

    hegeさん♪

    あて所はもちろん正解なので届くのですが、
    宛名が「ブンテンのおっちゃんおばちゃん」なのがおもしろいなーと思ったのです 笑

    その昔。西郷の下西に暮らしていたころ
    あて所・・・下西
    あて名・・・一子様
    これで届けていただいたことがあります。
    もちろん、配達の方が気を利かせて届けてくださったのでしょうが
    十把ひとからげに「ちゃんと書いてないから届けられません」でおしまいになることがある都会の配達事情とは違って、なんだかのんびりとした空気がすてきだなーと、いたく感動した記憶があります。
    かれこれもう25年ほども昔のことですが…

    隠岐っていいところですね

  • #3

    AIパパ (日曜日, 06 1月 2019 14:12)

    届きましたかー!!


    おじいちゃんちも、「西町」までしか住所知らないので、それで出してます(*´∀`)♪ま、最終配達する人も知ってるので、何とかなるかと思ってます。そこも隠岐の島ならではですね(笑)


    改めまして、あけましておめでとうございます。そして今年も行きますので、よろしくお願いします(^ω^)

    psうちの子の字、読めましたか?

  • #4

    ブンテン (月曜日, 07 1月 2019 06:17)

    AIパパさん♪

    ちゃ~~んと届いております!
    もちろん、字もちゃ~~~んと読めましたよ♪
    店長さんも、にやにやで読みました 笑
    しかも、パパママさんからも!ご丁寧に、ほんとうにありがとうございます。
    …我が家からのはもうしばらくして届くと思われます(;'∀')…

    そうなんですよ、顔が見える、誰だかわかる、だから届く。
    これぞ隠岐の島。なんとかなります♪

    最近は、少しの誤表記が容認されず、住所が正確でも届けて頂けないケース(友人)があったりするのだそう。もちろん大きな都市ですからね、たくさんの人がくらしておられるので
    それもまあ分かるような気もするけれど…

    春かな、夏かな…今年のみなさんの帰省と、AくんIくんの成長ぶりを、楽しみにしています(^^♪

    今年もどうぞよろしくお願いいたします