京見屋分店blog

隠岐の島のお茶屋さん


最近のコメント♪

 

☆過去記事はサイトマップからご覧になれます

 


今年もあります!隠岐の島ウルトラマラソン

 

今年もそろそろ始まるそうですよ♪

 

 

隠岐の島ウルトラマラソンのエントリー

(^^♪

 

 

ランナーさんはもちろん

島民の間でも

ぼちぼちとウルトラマラソンネタが

話題に上がるようになってきましたね

 

今年の冬は雪も少なく

ランナーさんにとっては練習しやすいのかな

 

朝に 夕に

走りこむランナーさんの姿をよく見かけますよ~♪

 

 

 

 

今年で14回目を数えるこのウルトラマラソン

 

起伏が激しい難コースでありながら

出場者の満足度が高く

リピーターが多いことで有名なのだそう

 

 

 

6月の第3日曜日

島はイチニチ中ウルトラ一色

 

 

私設エイドを設置する人

太鼓を打ち鳴らして応援する人

ゼッケンから名前を調べ名前を呼んで応援する人

 

たくさんの「がんばれ」が

100㎞にわたるウルトラのコース

その沿道に並ぶのです

 

 

コース上

こんなにずうっと誰かが声をかけてくれ続ける

そういうマラソンって他にないんじゃないかなと

あるランナーさんはおっしゃっていました

 

だから

またここに帰って来たくなるのです…とも

 

 

 

 

さて

エントリー開始は1月21日午前0時だそうですよ♪

 

 

今年も…の方も

今年こそ…の方も

 

 

エントリー漏れのないように

がんばってポチってくださいね

!(^^)!

 

 

隠岐の島ウルトラマラソン公式hp

 

さて

走らないブンテンですが

毎年前夜祭会場前にて出張ブンテンをいたします

 

今年で…5回目?

 

だんだん顔なじみの方も増えてきて

マラソンへの思い

島への思い

色々聞かせてもらう中

毎年大きな感動をいただいています

 

まるで自分が走ったかのような気持ちになったりして

(;'∀')

 

 

 

 

 

「おかえりなさい隠岐の島へ」

「ようこそ隠岐へ」

 

 

ランナーのみなさんとお会いできるのを

楽しみにしておりま~す♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

神海丸出港とびっくりなイチニチ

 

 

 

今年も隠岐水産高校の生徒達を乗せて

神海丸が出港しました

 

延縄マグロ漁の実習や船の操船技術を学ぶために

ハワイ沖まで向かうのです

 

 

 

今年出発する子どもたちは

アバレンボウくんの同級生たちになります

 

小さい頃から知っている

あのほよほよしたかわいい男の子たちが

いよいよ遠洋実習に出かけるのだなーと思うと

サムライくんが旅立つあの日の港の景色がオーバーラップして…

 

胸の奥がぎゅっとなる

そんな気持ちになりました

 

blogより…神海丸出港式

 

 

 

今日の港は冬の日差しも差し込んで

例年になく穏やかではありましたが

出発する生徒さんも

それを見送る保護者さんも

穏やかな海だろうがなんだろうが

神海丸の離岸の折は

大きな不安や寂しさでいっぱいだったに違いない

 

 

それでも…

 

それでも今日の海が穏やかな海でよかったと

 

心から思います

 

 

 

だいじょうぶ

 

ひとまわりもふたまわりも

大きくなって帰ってきます

 

 

サムライくんが遠洋実習に出発した日

先輩ママさんたちや遠洋実習を経験した大先輩方

みなさんにそう言って頂きました

 

そんなこと言ったって心配なもんな心配なんだよう~!!

言いたくなる気持ちもありながら

サムライくんが遠洋実習に出かけた約75日間

それは私の心の支えでもありました

 

 

 

だから

私もやっぱり同じように

お母さんたちみんなに言ってさしあげたい

 

 

 

だいじょうぶ

 

ほんとうに

ひとまわりもふたまわりも

大きくなって帰ってきます

 

 

 

そんじょそこらの高校生にはなかなか経験できない

大きな経験を積んで帰ってきます

 

最高の笑顔で帰ってきます

 

blogより…神海丸帰島 

 

 

本実習が実りあるものとなりますように

心から祈ります

 

 

 

 

 

 

・・・ びっくり ・・・

 

 

久しぶりにでかけたホームセンターでちょっとびっくり

( ゚Д゚)

 

引っ越し用でしょうね

梱包材や段ボールがずらり

 

もうそんな季節なんですね

 

 

 

・・・・・・

 

 

久しぶりに温泉にでかけてびっくり

( ゚Д゚)

 

こんなところにエアロバイクが…

 

 

壁と椅子のすきまにはめこむように

ちょこっと1台

"(-""-)"

 

どうせなら

窓の景色が見えるところに置きたい気がする

 

 

 

 

・・・・・・

 

 

朝起きて超びっくり

( ;∀;)

 

 

こんなにスマートだったのかと言いたくなるほど

縮こまった私のセーター

 

 

(;'∀')

…洗濯機のしわざです…

 

 

 

総じて

びっくりなイチニチでした

 

 

 

 

 

 

0 コメント

できたてカレーパン…木村屋パン… 

 

 

木村屋さんのできたてのカレーパンを

お土産に頂きました

 

 

まだトレーに乗った状態だったパンを袋に入れてもらわれたのだそうで

パンから出た湯気のせいで袋はうっすらと白い

 

(^^♪

 

 

 

弾力があるもちもちとしたパン

香ばしくってザクっと軽い揚げ衣

口に広がる小麦の風味に加わって

スパイシーなカレーの味わい

しかも

具までほんわかあったかい♪

 

 

 できたてカレーパンの破壊力たるや…

 

 

思わずもうひとつ…と言いたくなるのを

かろうじてこらえました

(;'∀')

 

 

 

 

 

午前中の木村屋パンの工場は大忙し

いろんなパンが次々と焼き上がり並んでゆきます

 

そのほとんどが島内のお店に卸されていくのですが

木村屋パンさんでも買うことができるのです

 

 

メロンパンなら9時までに…

カレーパンは10時半から11時…

毎日だいたい同じ時刻に同じパンが仕上がるのだそうですよ

 

 

運とタイミングが合えば

 こんな感じでお好きなパンの焼き立てと出会えるかも♪

 

 

 

 

 

㈲木村屋パン

 

西町八尾の二72

08512-2-0072

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

隠岐の島は知る人ぞ知るパン王国

 

スーパーの棚にも

島で作られたパンがたくさん並びます

 

愛の橋商店街のメンバーでもある

我らが西町の木村屋パン

給食のパンから店売りのパンまで作られる

東郷の木村屋給食パン

同じお店と勘違いされがちですが

まったく別のお店です

 

原田にはカナリアパン

隠岐汽船のおいしいサンドイッチはこちらのもの

 

栄町の坂の上は金井パン

ここの食パンは人気絶大です

 

港通りには

天然酵母を使ったこだわりパンのお店もできました

マムズベーカリー

 

どのお店にもそれぞれ特徴があり人気の品があります

総菜パンや菓子パンもいろいろあっておもしろい

 

パッケージもレトロなものあり斬新なものあり

カレーパンもびっくり的な…笑

 

「隠岐での日々」というブログで

隠岐のパンシリーズ』という企画記事を書いておられました

隠岐で独特の進化を遂げるパンを取材する・・・的な

あの企画は時々我が家で今も話題に出ます

 

 

・・・・・

 

今みたいに様々なお菓子が豊富にある時代ではなかった我々の幼い頃

学校から帰って菓子パンをみつけた時は

本当にうれしかった記憶がありますね

 

今や大人気となった出雲のバラパンとか…

カステラ型のカステラパンとか…

食パンにマーガリンと砂糖をのっけたやつ

砂糖のジャリっとした食感が大好きだったなんとかトーストとか…

 

インド人もびっくり…なカレーパン

このパッケージは大社にももちろんあった

 

 

子どもの頃からなじんだ味

折に触れてにふわっと思い出されるものですね

 

 

 

給食のコッペパンも同じく

 

こっぺぱん・・・というその音の響きがまず好きでしたね

 

子どもの頃…

「こっぺ」ってなんだろ?と思いませんでした?

私は激しく思ってました

 

 

いたって当たり前の長丸いパン

小さなビニル袋からぎゅっとマーガリンを絞り出し

それに塗って食べるのです

 

マーガリンの代わりにチョコレートだったりしたら

その日は超ラッキー♪

 

学校を休んだ日は

そのパンを誰かが届けてくれるのですが

それが楽しみでしかたありませんでした

 

給食の時は全部食べられなかったのに

おうちでならぺろりと食べられる不思議

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ おまけ ・・・

 

 

今年のお正月は

出雲大社に2度お詣りしました

 

 実家が神楽殿側に近いこともあって

出雲大社にお詣りするときは

いつも神楽殿側から…

 

神楽殿の大しめ縄を見てそれから参拝

拝殿、そして本殿、と…

その後

北島さんにお詣りしてから参道を登り

出雲大社の入り口ともいうべき勢溜に抜けるのです

 

 

1度目はいつも通りそのルートで…

 

でも

 

よくよく考えれば

 

ルート的には逆じゃないのかね?ということで

2回目は逆ルートでこちらから…

 

 

 

昨日は気が付かなかったのに

こちら側から入ろうとしてふっと目が留まりました

 

鳥居がぴかぴか

 

( ゚Д゚)

 

そういえば

鳥居がかけ替えられたと聞いていましたが…

ほんとにきれいになっておりました

 

 

 

そのぴっかぴかの 鳥居をくぐっていざ♪

 

 

 

 

まずは

参道に入ってすぐの小さなお社

祓井神にお詣りです

 

ここで心身の汚れを落としてから出雲大社に向かうのです

 

祖父とお詣りに来た時は

ここのお詣りは絶対でしたね

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

 

石畳がしかれて歩きやすくなった

 まっすぐな参道

 

 

1月4日のこの時間帯は

人出もまばら

 

 

・・・・・・・・・・ 

 

 

大社の境内が見え始める位置で

横一列に並んで銘々それぞれスマホで写真を撮っている一団が…

 

ウィンドブレーカーにはHOKURYOの文字

 

部活動の練習がてら

ここまで走ってこられたのでしょうか

 

HOKURYO高校からならば

距離的に

ここまで走ると程よい運動になりますね

 

 

 

彼らと同じ高校かどうかは分かりませんが

揃いのジャージを着こんだ女子チームも…

 

何回手を叩くんだっけ?

最初におじぎ?と

みんなで並んでお詣りする姿がなんとも初々しい

 

合わせた手のひら

神様に届けたい願いは

受験のことか

試合のことか

それとも

思いを寄せる人のことか…

それぞれがどんな思いで大社の神様に向かい合っているのだろうと

同じ年頃の息子がいる私としては

ちょっと心に残る光景

 

 

 

いい一年になりますように♪

 

 

 

・・・・・・・・・

 

 

 

出雲大社の境内には

神馬と神牛がまつられています

 

 

『神馬(しんめ)と神牛(しんぎゅう)』

 

 

続きを読む 0 コメント

つれづれに … 日食とリユーズドガラスのフラワーベース

暖かなイチニチでした

 

寒いといえば寒いのだけど

私の記憶には去年の寒さが強烈に残っているので

このくらいなら平気

 

「寒」に入ったとは思えないような…

 

 

なのに

 

体が重くぐずぐずとして

お店も出たり入ったり

そんな冴えないイチニチ

 

 

まあたまにはあるかこんな日も

自分で自分に言い聞かす

そんなイチニチ

 

 

さて

明日はがんばろっと…

 

 

・・・・・・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

寒の入りだった6日

全国各地で部分日食を見ることができました

 

 

学校にお勤めしていた頃は太陽観察グッズも持っていたのだけど

もはや処分してしまった

 

あ~…あれがあったら日食見れるのにとか思っていたら

そうだこれなら見れるかも…と店長さんが取り出したのは 

天候や状況に応じて取り換えができるタイプのサングラス

 

この付け替え用レンズを数枚重ねて見ると

太陽の上部が欠けているところがなんとなく…

 

ならばスマホでも写せるか!?と思ったけれど

 

まあ無理ですよね

 

(;'∀')

 

実際は太陽の上の部分が欠けて見えていましたが

写真になるとただのまんまる

 

 

私たちはこんなことをしましたけど

太陽の光を甘く見てはいけません

 

目のためにはこれはよくない

 

…ならばやるな、と叱られそうですが(;'∀')…

 

よい子のみなさん

決して真似はしないこと

"(-""-)"

太陽の光が観察できる遮光板を使ってください

 

 

・・・ おまけ ・・・

 

 

いつかのおでん

 

 

どっさり作ったから

何度も温めなおすうちに味はしっかりシミシミです

 

冬はやっぱりおでんのもんです

 

 

ただ

 

牛スジもタコも入れなかったから

ちょっと寂しい…

 

 

 

・・・ リユーズドガラスのフラワーベース ・・・

 

 

 

リユーズドガラスのフラワーベース各種

入荷しました

 

 

大きいのだったり

小さいのだったり

水栽培のポットだったり

 

 

 

ヒヤシンスの水栽培

小学校の頃

毎年のように一人一鉢やりませんでした?

 

 

やりました…っていうか

やらされた…っていうか

 

 

 

芽が出るまではロッカーの下の戸棚の中に入れておくのですが

根っこが生えてくるのはいつか

芽が出てくるのはいつか

楽しみで楽しみで

毎日のように戸棚の下をのぞき

名前を書いた色テープを貼った自分のポットを取り出しては

眺めたもんでした

 

学校で使っていたのは

プラスチックの色付きの栽培ポット

 

家で使っていたのは

ガラス製の栽培ポット

徳利型で

やっぱりリユーズドガラスでした

 

 

 

リユーズドガラスの

 

この不ぞろいな感じが好きです

 

 

 

チューリップとか

ガーベラとか

ミニひまわりとか

 

どさっと活けたらかわいいかも

0 コメント

隠岐の島に木造船漂着!!

 

木造船が隠岐の島に流れ着きました

 

テレビでもネットでも

お昼から何度も情報が流れていたので

ご存知の方も多いと思います

 

 

 

木造船が漂着したのは

島を時計に見立てるとちょうど9時のあたり

 

蔵田という地区です

 

海流の関係でお隣の国から様々なものが流れ着きますが

今回も海の向こうの方でした

 

 

 

 

ニュースで詳しいことがわかるまでは

かなり心配しましたけど

 

どうやら

北朝鮮沿岸で漁をしていた漁師さん達が

エンジントラブルに見舞われてそのまま流されてきたのだそう

 

 

 

 

12月6日にエンジントラブルに見舞われ

それから漂流していたとのこと

木の杖にすがって歩くなど

かなり衰弱はしておられたそうですが

命に別状は無くそれが何より

 

 

映像を見て驚きましたが

本当に小さな木造船

船内は雑然としていて廃船と見まごうほどでした


穏やかな冬とはいえ

コントロールを失った船で海上を漂っているその状況は

想像するだけで恐ろしくなります

 

陸地が見えた時はほんとうに安堵されたことでしょうね

 

 

 

暖冬だったことも幸い


 

     

 

蔵田地区にはわが友人も暮らしているので

ニュースを知った時は目が飛び出そうになりました

 

 

 

漂着しているのを発見したのは地域の方だったそうですが

木造船から降りた人たちが防波堤を越えようとするのを目にした時は

衝撃だった事と思います

 

 

でも

 

おなかがすいた、寒い、

そうしたジェスチャーをするかの国の人たちに

集落の人たちは驚きながらも

おにぎりを与え

お茶を与え

上着も貸してあげたのだそう

 

 

 

周りはかなりざわついて

ネットでもずいぶん憶測が流れていたのだけど

案外蔵田の地でかの国の人たちに向き合っていた人たちが

一番落ち着いていらっしゃったのかもしれませんね

 

 

寒そうにしていたから上着を貸した

おなかがすいたというからおにぎりをあげた

 

それだけのこと…

 

どこの国の人だとか

あの国の人だとか

そういう状況になればそんなこと関係ない

 

それはいかにも隠岐らしい…と

 



そして

かの国の人たちも

警察官に保護されて立ち去っていく際に

助けてくれた集落の人たちに何度も何度も頭を下げ

感謝の思いを伝えていかれたのだそう

 

 

 

 

 

 

あちこちから聞こえるそんな状況

テレビの中、インタビューを受ける穏やかな女性の声

そうしたことに

ちょっと安堵しながらも

 

ただ

 

あんな小さく古い木造船で

たいした装備もない状況で

冬の海を越え

ここに上陸することができるということ…

…今回は漂流だけれども…

 

その事実も改めて認識させられたできごとでした

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

おでんをつくる 

寒の入りを過ぎました

 

でも

なんだか冬だということを忘れてしまいそうな

穏やかなお天気です

 

去年の冬が嘘のよう…

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

冬になると

無性におでんを作りたくなる瞬間があります

 

今日の夕食のおでんも…
昨日の夜の段階で決定事項

 

明日はおでん

何が何でもおでん

 

笑 

 

 

 

 

 

みなさんもうご存知でしょうが

 

だいたいにしてずぼらだし

雑だし

お料理は苦手だし

ラクチン手抜き万歳なタイプなのだけど

 

でも

なんででしょうかね

 

冬のおでんだけは

ちょっとだけ丁寧に作りたくなるのです

 

 

 

 

必殺おでんの素はもちろん

秘蔵のねこぶだしも封印

 

 

 

 

 

 

 

 

頂いた上物のなが~~い昆布を水出しで…

 

 

 

出汁にするのはもったいないほどの昆布

もちろん

水出しにしてふにゃっとなってから

くりんと結んで具になります

 

 

 

 

 

そして

これまた頂き物の高知の鰹節

こいつがいいシゴトをするのです

 

 

もちろん隠岐のあごも忘れずに♪

 

 

 

 

 

下ゆでした大根に

悲しいかな

私の性格がよくにじみ出ております

 

 

面取りしてあったりなかったり

 

丸いものあり

イチョウ型あり

薄いものあり

厚いものあり

 

 

(;'∀')

 

こうしてみるとちょっと笑える

 

 

 

 

ただいま煮込み中

 

 

うまいかどうかももちろん重要

 

でも

私にとって冬のおでんは

「ちょっと丁寧につくる」ことを楽しみたいと…

たぶん

それなんだろうなと思います

 

 

 

 

 

というわけで

定休日はおでんのイチニチでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ 火曜日ランチの旅♪ ・・・

 

 

 

煉瓦屋さんのランチメニューは本当にいろいろあります

 

ラーメンあり

定食あり

お肉系あり

バスタだってドリアだってあるのです

 

 

 

毎回次は違うものを…と思いながら

どうしても他が選べない…

 

 

 

 

 

 

うふふ♪

 

ハンバーグピラフ

(^^♪

 

 

ぷりぷりのえびやタコがどっさり入った

シーフードピラフ

その上に

ほどよいサイズの手ごねハンバーグ♪

 

ピラフとデミグラの相性抜群

癖になります

 

 

 

…煉瓦屋…

 

08512-2-3525

営業時間  昼:11:00~15:00 夜:17:30~21:00 

定休日 水曜日

 

隠岐の島町で洋食といえば煉瓦屋さんです

 

先代からの味を守りつつ

新たなジャンルの料理も加え

様々な食のニーズにこたえていらっしゃいます

 

お子様連れでも安心してお食事を楽しめる

お座敷席もありますよ♪

 

 

 

・・・ おまけ ・・・

 

 

~なにもしらない島へ とっておきの旅~

 

なにもしらない島…

 

むむむ…その心は???

 

 

気になります…

0 コメント

隠岐の島の出初式2019

 

隠岐の島町の消防出初式が行われました

 

消防団員として2年目を迎える我が家のサムライくんも

消防ウェアに身を固めて出動です

 

 

 

心配されたお天気もまずまず

 

昨年ほどの青空ではなかったものの

雨や雪が落ちなくて何よりでしたね 

 

 

 

サムライ君の姿がちょこっとでも見えるかなーと思いながら

一斉放水が行われる役場前に出向きましたが

同じ制服の消防団員さんがズラリ

 

分かるわけないか

(;'∀')

 

逆に

茶輪拠屋blogより…隠岐の島町消防出初式一斉放水

 

 

 

 

到着するとすぐに

高らかにトランペットの音が響き渡り

弧を描くように放水が始まりました 

 

 

各地域を火災被害から守る真っ赤な消防車と

青い制服の消防団員さん

 

ズラリと揃うとなかなか壮観です

 

 

 

高いはしご車からも

対岸まで届きそうな勢いで放水が始まりました

 

 

 

立ち込める霧のような水煙が

川の上流側から吹き付ける冷たい風に乗って

橋の上で観覧していた私たちのところまで届きます

 

 

顔の周りもいつの間にかしっとり

カメラのレンズは水滴だらけ

 

誰かが「しょっぱい!」と言ってましたが

確かに口元にしょっぱさが…

 

このあたりは汽水ですもんね

 

 

わずかながら差す光のおかげで

川面あたりの水煙の中に虹を見ることもできました

 

 

 

虹のはしっこも見届けられるくらい

 

手が届きそうなところにぽかっと浮かぶ淡い虹

 

 

 

 

寒い中

ほんとうにみなさまお疲れ様でした

 

 

この消防訓練の成果が発揮されることなく

火災のない安全な一年となりますように

 

 

 

・・・・ おまけ ・・・・

 

水しぶきが冷たいけれど

 

この迫力を前に

 

すっかり虜になった様子のかわいい少年

( *´艸`)

 

かっこいいもんね

 

 

 

対岸から覗いてみるとこんな感じ

 

スマホを持つ手もかじかんで

写真もなかなか撮りにくい

そんな寒い朝でした

 

 

この後のナオライでいただくお酒が

冷えた体にしみわたったことでしょうね

<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

blogより 2018/01/06/隠岐の島町消防出初式

0 コメント

日常が戻ってまいりました

隠岐の島に帰ってきました

 ブンテンも昨日が初売りでした

 

お正月モードからの脱却が至難の業となる

年明けのこの数日

 

 

 

完全に日常が戻ってくる前に

今度は隠岐の兄弟一家で集合して

ちょいと英気を養うことに

(^^♪

 

 

 

日常に引き戻されたひと

まだお正月モードなひと

明日出初式に向かうひと

試験勉強の息抜き中のひと

課題地獄で頭がいっぱいなひと

 

 

 

それぞれいろいろありますが

そのいろいろをみんなで共有できる幸せ

 

 

 

 

試験がんばれ

課題がんばれ

出初式がんばれ

 

母もそれなりにがんばります

🍻

 

 

・・・ おまけ ・・・

 

 

本土旅最終日はよく晴れて

いろいろなところから大山をのぞむことができました

 

境港に向かう道々

正面には大山とべた踏み坂

 

 

伯耆富士とよばれる大山

山姿の美しさにほれぼれします

 

 

 

 

途中買い物に寄ったコンビニ横の草むらに

どっと集まってきたすずめの大群

 

まさに『群雀』

0 コメント

お正月雑感あれこれ

三が日もあっという間に終わってしまいました

 

ブンテン恒例のお正月本土旅ですが

今回はちょこっと足を伸ばして

香住まで行ってみようと目論んでいたのに

天気予報の雪マークにびびってしまい

あえなく断念

結局私の実家周辺を徘徊する旅となりました

 

 

 

いつもだと県内各所での仕入れや買い付けも行くのですが

 

今回はそうした用事は一切入れなかったので

日頃ご無沙汰してばかりの家族や親せき…

入院中のおじやおば…

海の向こうを気にしながらもなかなか会えない

そうした人たちにゆっくりと会うことができて

それはそれでよいお正月を過ごしました

 

 

 

 

三日三晩連続で

我が実家の兄弟や親せきと食卓を囲むことなんて

よくよく考えてみれば本当に久しぶりのこと♪ 

 

 

 

我が一族のアイドルれいれい

 

まさか

こんな技が使える暴れん坊になっていたとは

 

拡げた自分のスカートで相手の頭を包む攻撃

一撃必殺

おもろすぎる

 

 

もちろん

改めて思い知らされるのは

育ちゆく次の世代のことだけではなく…

 

 

せわしなく台所に立つ母の後ろ姿や

相変わらず嬉しそうにお酒の瓶をささげて廊下を歩く父の姿や

それは

実家の景色と一体化した見慣れた父母の姿でありながら

でも

周りの景色はちっとも変わらないのに

その中にある二人の姿だけが

ちょっとだけ「小さく」なっている…

 

そんな姿に

じわじわと彼らに押し寄せているらしい「年波」を

痛感したお正月でもありました

 

それがちょっと切なくもあり…

そして

2人で元気でがんばってくれていることがありがたくもあり… 

 

 

 

 

同じ島根なのに

海が間に入るとやっぱり遠いのです

 

 

 

 

 

 

・・・ おまけフォト ・・・

 

平成31年の幕開けは快晴でした

 

 

氷点下だった大晦日の夜の冷気のせいか

海面からは湯気がたちのぼり

 

幻想的な西郷湾の景色

 

元旦から釣り場の縄張りを守っていたのはヨットマン

ご苦労様です

今年もまちがいなく豊漁でしょうね

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

 

 

1月3日の出雲大社は

まだまだ参拝客で大賑わいです

 

勢溜から見下ろす日本一の大鳥居

 

八雲立つ…という表現がいかにもぴったり

もくもくと沸き上がるように巻く雲と

その隙間をぬって真っすぐに差し込む光の矢

 

出雲大社に向かうこの車の列は

いったいどこまでつながっているのだろう

 

 

・・・・・・・・ 

 

 

 大社の1月3日といえば「吉兆さん

 

大社では

「きっちょさん」と親しみを込めて呼ぶこの正月行事

 

出雲大社周辺の町内会ごとに

「吉兆幟」と呼ばれるのぼりを掲げながら

お囃子に合わせて練り歩き

出雲大社などで祝い唄を奉納

この一年の五穀豊穣や無病息災を祈るものです

 

 

 

私たちが参拝した時間帯だけでも

5~6組の吉兆さんに出会いました

 

 

その中の1組の中に

なんと同級生を発見して大興奮

 

小学校時代のあそび友達

中学校では器械体操部の仲間

 

お久しぶりのIくんです

 

FBではつながっていたけれど

こうして出会うのは…もうかれこれ??かれこれかれこれ??

 

30年はたってるに違いない

 

 

 

 

 

 

この直後に餅屋のあかみっちゃんとも遭遇

 

どうしているかな~と

実家で話していた直後だったので

これまた感激

 

 

 

・・・・・・・・・

 

 

 

 

松江の服部さんにて…

コーヒーの深い香り

生クリームのまろやかさ

ほんのりとした甘み

冷たさと熱さのせめぎあい

 

 

ウィンナー珈琲

 

家ではたいがいブラックですが

喫茶店にくると

これが飲みたくなるのです

 

 

 

・・・・・・・・・・

 

 

隠岐の島に帰ってきた夜は

ポストを開けるのがとっても楽しみ

 

どさっと届いた年賀状

 

その中のイチマイ

 

こんな宛名で届いたのは初めて

 

なんともうれしいイチマイ

 

AくんIくん

夏に帰ってくるのを楽しみに待ってるよ~♪

4 コメント

明けましておめでとうございます

 

それみたか

日々が大事じゃ

大晦日

 

 

MさんのFBで見つけてしまったこのフレーズ

 

もうそのまんま

これは私のことを言ってるに違いないと

そんな気さえする大晦日のイチニチでした

 

 

もう…あらゆることに目をつぶって見ないふり

 

年賀状だけはなんとか書き終えポストイン

夕ぐれ時に届けていただいたお節料理を頂いて

年越しそばには

オトモダチが打ってくれた隠岐そばをずるずるっと…

 

 

 

 

みなさまのおかげで

 なんとかかんとか年越しです

 

 

 

 

さて

 

年賀状書きも佳境を迎え

平成31年まであと5分というところで

 

いったんペンを止め

毎年恒例の八幡さんへの初詣に出かけました

 

 

 

 

勝負の神様

 上八尾の東山神社からは

年明けを示す軽快な寄せ太鼓の音が…

 

 

 

 

ライトアップされて浮かび上がる社と

煌々と輝くかがり火で

なんだかちょっと幻想的な気配でした

 

 

 

 

平成最後の初詣

 

おみくじは大吉♪

いい年になりそうです

 

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします

<(_ _)>

 

 

 

 

 

0 コメント

つれづれに…スープがさめない距離とドデカイブリ…

 

わが一族は西町のある一角をがっつりと固めるように

肩寄せ合ってくらしております

…寄せ合ってはないか 笑…

 

 

我々ブンテン一家

その裏にはブンテン父母

お隣には店長さんの兄さん夫婦

その横に兄さんのお嫁さんの妹夫婦

ブンテン前の路地を少し行くと

細長い130段ほどの階段があるのですが

その階段を上がり切れば店長さんの実家があって…

 

 

集合~~と誰かが号令をかければ

全員集合まで正味5分かかるかどうか…

 

まさにスープがさめない距離

 

 

店長さん兄弟は3人ですが弟二人は養子に入り

今や苗字は3人ばらばらだというのに

なぜかここに集結しているという…

 

何とも不思議なご縁を感じます

 

 

 

さて

昨日はお兄さん一家と一緒に鍋を囲みました

 

帰省でかえってきていた兄さん一家の子どもたちも揃い

 

久しぶりににぎやかなひと時

 

 

年賀状進行状況が緊急事態となりつつあるので

ほんと夕ご飯を一緒に食べるだけ

さらっと集合

さらっと解散

 

忘れ物があれば取りに帰ればいいし

ガスが無くなればもらいにいけばいいし

麦酒がたりなくなればとなりまで走ればいいし

 

お隣だからこそのお気楽お鍋

 

 

 

 

 

残念ながら

サムライくんは忘年会でいませんでしたが

久しぶりにいとこが集合

 

昔はこうして集まれば

ゲームだトランプだと

ご飯が終わるなりわちゃわちゃと子ども時間に突入していたものなのに

今や最後まで食卓を囲み

「大人な話」をしているわけです

 

 

家族として重ねた時間の重みとそれぞれの成長を

しみじみ感じたひと時でもありました

 

 

 

それにしても

「スープがさめない距離」っていいもんですね

 

 

 

ほどほどの距離感

その中にある絶対的な安心感

 

 

 

 

・・・ おまけ ・・・

 

今年も届きました

氷詰めにされ

海を渡って届くどでかいブリ

ピッカピカ♪

 

お気楽鍋のメニューを急遽ブリしゃぶに変更

お刺身とカマの塩焼きも…

 

 

サムライくんがお勤めしている会社から届く

年末のお届け物

 

 

心からありがたく頂きました

 

 

 

 

 

 

4 コメント

年の瀬のつれづれ…年賀状と大きなアジと

 

連日の冬日

 

我が家周辺ではまだ氷点下表示はお目見えしませんが

さすがにアウター無しでの外出はできなくなりました

 

 

さて 

 

今日の午後

お店は店長さんにお任せして

私は完全撤退

 

 

 

 

今になって

年賀状

 

ようやくスタート

 

 

 

リビングでは誰かが突然入ってきたりして

糸のごとき私の集中力はその都度ブツブツちょん切れるので

必要な道具すべてをかき集めて

「竹の間」にひきこもりです

呑んだくれた仲間含め

我が家で泊まることになった人が

一夜を過ごす和室

なぜか「竹の間」と呼ばれております

「竹の間」宿泊ご希望の方

麦酒を抱えてどうぞ♪ 

 

 

うだうだと呑んだくれ

ぐずぐずと先延ばし

今になって寝る間を惜しむようなことになる

 

 

自業自得とはまさにこのこと

あと3日早く取り掛かればよかったよ~~と

毎年同じことを思う年の瀬です

 

  

 

雪見障子の向こう側

誰に踏まれることなく白いままの屋根の上のきれいな雪と

ちらちらと降り続ける雪と

その穏やかな美しさがせめてものなぐさめか…

 

 

 

・・・・・・・・・

 

 

あたりが薄暗くなったころ

大事なモノを買い忘れたことに気が付きました

 

 

慌てて着込んで出動です

 

気温が若干あがったのか

みぞれ交じりの雪

 

みぞれになると

雪よりずっと冷たく寒く感じる不思議

 

 

 

 

そんな中

私と入れ違いにアバレンボウくんが帰ってきました

 

服はびしょぬれ

鼻は真っ赤

 

手には

大きなアジ2匹を持って…

 

今海からあがったばっかし

まだ口をパクパクさせている

ピッカピカのアジ

 

 

 

まな板ぴっちりのいいサイズ♪

 

お刺身にするのにほどよい大きさのアジでした

 

生姜を切らしていたのが残念無念

 

でも

ワサビ醤油で

ネギをちらしても絶品

 

おいしく頂きました

( *´艸`)

 

 

 

 

まだ息があったアジくんたち

私がつかむと

ギュギュギュっと「音」を出しました

 

 

 

そうそうこの「音」

いや、この「声」かな

 これを聞くと思い出すことがひとつ

 

もう15年も前のこと

当時2年生の男の子Yくんが

アジ釣りに行ったときのことを書いた日記

 

お父さんとの釣りが楽しかった…その思いが爆発したかのような

なんともかわいい日記でしたが

 中でも強烈に印象深かったのが

その中の一文

 

「先生、アジってなくんだよ」

( ゚Д゚)

 

Yくんの担任の先生にその日記を見せてもらい

かわいさに悶絶しながらも

アジって鳴くかえ?と若干不思議だったのですが

後に「鳴き声」の正体がわかりました

 

釣り上げられたり

今捌かれようとして押さえつけられたり

そんな瞬間にアジが出すあの「音」…

 

Yくんは

「キチキチキチっとアジがないた」と書いていました

 

Yくんにとって

「鳴く」というよりは

「泣く」だったのかもしれませんね

 

 

 

きっとこの「声」だったんだなー

Yくんが聞いた「泣き声」は…

 

まだ息があるアジをさばくときはいつも

アジくんごめんよと

アジに最後のとどめをさしつつ

Yくんのあの日記を思い出すのです

 

Yくんももう22歳?23歳?

どんな若者になっているんでしょうかね

アジ釣りしてるんでしょうかね

やっぱり

アジが鳴いた!と思っているんでしょうかね

 

若者になったほのぼのYくん

会ってみたいです

 

 

 

 

 

 

それにしても

 

こんな寒い日にも

海に行きたくなる釣り人の心理って…

 

ほんと感心

 

( ゚Д゚)

 

麦酒を買いに行くにも

着込みまくって車で出かけた私

 

ちょっと反省

(;'∀')

 

 

 

 

0 コメント

冬はやっぱり寒い

寒いイチニチでした

 

冬はこんなもんだとは思うけれど

ここまでが暖かかったから

これだけ冷え込むと少々こたえます

昨日も似たようなこと書いたかもね

(;'∀')

 

ただ

昨年のような凍てつく寒さではありません

 

積もってはゆるみ

ゆるんでは積もり

 

絶え間なく雪が降り続ける

そんな感じ

 

 

ちなみに

昨年の1月はこんな感じでした

 

 2018/01/11/雪の日の朝/

2018/01/13/寒波に呑みこまれております/

 

 

 

寒かったし

よく積もったし

よく止まりました

…飛行機もフェリーも…

 

 

25年にもなった私の隠岐暮らしの記憶の中にも

去年みたいな冬はありませんでした

 

 

冷凍庫にいるんじゃないかと思うほど寒かった

けれど

圧倒的な雪景色の美しさに何度もため息をついた

 

そんな冬

 

2018/01/30/寒波のおかげで-島の冬景色/

 

 

 

 

冬は寒くて嫌だけど

でも

雪が降るのはなんだか嬉しい

 

毎年冬になると

私の中のこんな矛盾に戸惑うのであります

 

 

 

 

 ・・・ おまけその1 ・・・

 

 

我が家の腐れ縁的オトモダチから届いた貢物

 

きっちり人数分がそろえられて並んだそばは

もちろん手打ちの隠岐そばです

 

隠岐そばといえばサバだしですが

そのサバだしもまちがいなく彼の手作り

 

 

もみのりと柚子までつけてくれるところが

さすがつよちゃん♪

 

 

 

持つべきものは友

しみじみありがたく頂きます

<(_ _)>

 

 

 

・・・ おまけその2 ・・・

 

 

すてきな「マンション」をみつけてしまったにゃ

 

「マンション」の左となりの掛け棚には

その年の干支を描いた大きな絵馬が…

 

ちなみに

左はとり年

右は戌(いぬ)年

もうすぐその横にいのししが…

 

ねこの年もあったらいいのにね

=^_^=

0 コメント

雪が降りました

 

 

日が射したかと思ったら

 

一瞬で空が曇って雨が落ちる…

 

 

今日の空はいかにも山陰の冬といった気配でした

 

 

 

 

 

朝の河童様の祠

愛宕山の向こうにはお日様が顔をチラ見せ…

 

 

 

 

昼過ぎには窓の外で

バチバチバチっと豆まきのような音が…

 

 

すぐに止みはしたけれど

雨交じりの大粒のあられが地面を打ち付けるその音でした

 

 

 

年末年始は寒波襲来の予報に戦々恐々としつつも

なんとなく

このところ暖かかったから

すっかり油断していまっていたんだな

 

キリギリス的な私

あれだけ寒さが苦手なくせに

悲しいかな

本当に寒くなってようやく慌てるという

毎年のパターン

 

 

 

 

 

夜明け前の河童様の祠

 

いつのまにこうなったんだろう

もうすっかり雪化粧でした

 

 

 

 

 

 

・・・・ おまけその1 ・・・・

 

タイヤは店長さんが交換してくれたから

なんとかセーフ

 

 

なんとかならなさそうなのは

 

大掃除と

 

 

 

今年もだ

(;'∀')

 

 

 

 

 

0 コメント

西町にサンタクロースがやってきた!

 

あたりがすっかり暗くなった夕方6時

 

 

ひっそりとブンテンにやってきたのはこのヒトでした

 

真っ赤な衣装と真っ白なおひげ

 

 

このスタイルはまちがいなくあの人です

 

クリスマスイブの今日

世界中で一番多忙な人と思われます

 

サンタクロース

(^^♪

 

 

 

今宵

上八尾地区のよい子のところに

プレゼントを届けにきてくれたのです

 

 

 

 

 

本日初出動のサンタクロースさん

実は若干緊張気味

 

そわそわと窓を鏡替わりに身支度チェック

 かわいいサンタさんですね

 

 

 

 

身支度が整ったところで

いよいよ出動

 

 

 

夏の間はたろさんを乗せるのに活躍したキャンプカーゴに

今日はどっさりとプレゼントを詰めこんで

 

クリスマスソングを響かせながら

夜の西町界隈に消えていくサンタクロースと謎のおじさんたち

 ちょっと怪しい

 

 

 町内の子どもがいるご家庭を訪ねてまわり

プレゼントを贈りました

 

 

喜んだ子も

びっくりした子も

もしかしたら

怖い思いをした子もいたりして

 

 

 

でもまちがいなく

クリスマスの夜に夢を添える

そんなひとときとなったことでしょう

 

 

 

 

できればついていって

サンタクロースと対面する子どもたちを見てみたかったな~

(^^♪

 

 

 

 

 

上八尾のサンタクロースさん

おつかれさまでした

 

 

 

MERRY CHRISTMAS!!

 

0 コメント

中町目貫通りのクリスマスツリー

 

隠岐と本土を結ぶ高速船レインボージェットが

冬季休航期間に入りました

 

次のシーズンにむけての入渠です

いわゆる船ドック

 

県外でドックを受けると聞いたことがありますが

レインボージェットに乗って

入渠先まで航海されるのですかね~

 

 

隠岐航路以外の海上を進むレインボージェット

出会ってみたいなー

🚢

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

昨日の夜は

一夜限りの巨大なクリスマスツリーが

中町目貫通りにお目見えしました

 

私たちが訪れたのは

ちょうどイベントもおしまいさん時だったので

もうぼちぼちと片付けが始まっていたんですけど

 

それでも

メインのツリーはまだ点灯していたので

最後のかけこみで記念撮影をしている親子さんもいらっしゃいました

( *´艸`)

 

 

 

中町目貫祭りの会場としてもつかわれる建物も

イルミネーションで美しく飾られて

昼とはまるで別世界

 

 

幻想的な中町の夜でした

 

 

この季節はあっちこっちにイルミネーションが灯ります

 

軒先を彩るように並ぶもの

窓越しの室内にうっすらと灯るもの

サンタだったりトナカイだったり

楽しいクリスマスキャラクターが光るもの

 

夜の町を歩くのはちょっと寂しいものですが

この季節はイルミのおかげで

わくわくした気持ちにさえなります

 

 

集落全体でイルミに取り組んでいらっしゃるのは有木地区

「冬の蛍」として定着してきましたね

冬になると有木経由でドライブする方も多いのだそう

 

下西周辺の夜も

この季節は華やかです

 

西町もちょっとずつイルミ仲間が増加中

 

 

もうしばらく町中の冬イルミを楽しめますね

 

 

 

・・・・・・・

 

 

年の瀬のブンテン店内は

クリスマスとお正月が混在しております

 

 

今年は諦めていた出西窯さんのカレンダー
年の瀬ギリギリにわずかですが入荷してまいりました
.
染色家小田中耕一さんが
季節の風物や手仕事をモチーフに
型染めに仕上げられた小さな卓上カレンダー
.
優しく明るい色彩と簡素で力強い美しさが魅力的
.
365日のくらしに彩りとうるおいを添えてくれる
そんなちいさなカレンダーです
.
年の瀬の贈り物にも...

0 コメント

さくらまつりと海士の夜海士の朝

 

 

さくらまつりに出かけてきました

 

 

12月だけど「さくらまつり」

冬だけど「さくらまつり」

 

さくらの家のおまつりです

いいでしょ 

このちらしが醸し出すほのぼの感

 

 

かっちゃんって誰?

小学生も参加するの!?

スモーク南ちゃんって絶対「あの」南だよね

 

もう穴があくほど見つめましたとも

 

主催者さんと訪れる人の距離感の近さがにじみ出る

そんなちらしです

 

 

 

 

そのちらしの雰囲気そのままの

ほのぼの~とした会場

 

ここが「さくらの家」です

 

 

ブンテンで販売している「ふくぎ茶」は 

ここで働くみなさんが丁寧に作っていらっしゃいます

 

さくらの家は社会福祉法人だんだんが運営する就労支援施設です

 

一度見学させていただいたことがあるんですけどね

障害がある仲間が働きやすいよう

それぞれの適性に合わせた作業内容や環境が整えてあり

その中で

みなさんほんとうにいきいきと

丁寧に一生懸命に

ふくぎ茶を作っていらっしゃったこと…

 そして

そこに注がれる

名物所長ホンダさんのハンパない熱量と…

 

それがとっても印象的なところでした

 

 

 

 

スモークみなみちゃんチームと一緒に会場入りしたのは

イベント開始1時間前くらいかな?

 

それでももう

会場周辺にはたくさんの人がいらっしゃいましたよ

9回目になるというこのおまつりを

みなさん心から楽しみにされているんですね~♪

 

 

 

 

写真には写っていませんが

海士小の子どもたちも忙しそうにあっちへこっちへ…

 

はりきって開店準備をしてましたね

 

その姿を見るだけでこっちまで楽しくなっちゃいました

( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

こちらの入り口には

マスク姿の男性が一人

 

  

 

初めて会う方のはずなのに 

なんだか知ってる気がするぞ??と思ったら…

 

 

わかった!!

「かっちゃん」だ!!

( *´艸`)

 

 

 

もしかして「かっちゃん」さんですか?と声をかけてみたら

やっぱりその通り♪

 

なんで分かりました!?と驚いていらっしゃいましたけど

いや逆に分からないわけないわこれ、と

このちらしの威力に改めてびっくり

 

初対面の「かっちゃん」ですが

ちらしのおかげで

知り合いに出会ったような気持ち

 

 

 

 

 

そして

 

こちらが「スモークみなみちゃん」コーナー♪

 

「スモークみなみちゃん」は

やっぱり「あの」南夫婦でした

 

 

燻製にしたいものを持ってきたら

ここでいぶしてあげますよ~♪という

そういうコーナー

 

それおもしろい♪

 

 

 

その後ろがブンテンの物販スペース

 

うっかり看板を荷物に入れるのを忘れちゃっていたので

どうしようかなーと思っていたのですが

なんとなんと

かわいく飾られた手作り看板が掲げてありました♪

 

 

京見屋分店

 

今日だけは

続きを読む 0 コメント

おひさしぶりです!! 水高新巻鮭と我が家の10日間

 

 

少し前にSNSでご紹介したこちらの絵本

 

絵本でありながら大人もくぎ付けにしてしまう

このシュールな表紙

 

中に描かれているのは

この切り身の魚たちが海の中にいた時の姿

 

 

水彩で

美しく繊細に生き生きと描かれているのです

 

 

スーパーでパック詰めで売られる魚の切り身たちに流れた時間を

逆再生してたどったかのような

そんな感覚に陥ります

 

 

中表紙なんて

 

どど~んときりみ

 

( *´艸`)

 

 

ほんとほんと

 

鮭のしおやきは大好きだけど

しおやきになるその前がいったいどんな姿だったのか

知らない子はたくさんいますもんね

 

…大人もかな…

 

 

 さて

 

 隠岐にくらしていると

いろんな魚にまるごと出会えるのですが

「鮭」のまるごとに出会えるチャンスは

我が家では年に一度

・ 

今年もめぐってまいりました

( *´艸`)

 

隠岐水産高校食品生産コースのみなさんが作る

「とって隠岐」の新巻鮭

( *´艸`)

 

この季節のひそかなお楽しみでもあるのです

 

 

生徒さんの実習品ですので

一般販売は残念ながらありませんが

生徒さんのご家族を中心に予約販売をしてくださいます

 

 

 

 

まるごと1匹

どでかい鮭がどど~んと我が家のまな板の上に

 

 

去年までは3枚おろしの方式で捌いていたのですが

これがまたなかなかの大仕事

 

 

硬い身になかなか包丁が入っていかないし

作業する手は凍りつきそうだし

脂がのってて包丁もぎっとりなるし

 

 

 

だいたいにして3枚おろしが苦手な私にとって

苦行ともいうべきものなのです

 

 

 

 

 

というわけで

 

 

 

今年はSNSで見かけたMさん方式で捌いてみることに…

 

 

 

 

半解凍にした鮭の頭をおとしてあとはぶつ切り

( ゚Д゚)

 

 

これはらくちん♪

 

去年までのあの涙ぐましい努力は

いったいなんだったんだろと思うほど

 

blogより…隠岐水の新巻鮭

 

 

 

かくして

我が家の冷凍庫はびっちり鮭の「きりみ」だらけとなりました

 

 

隠岐の海の恵みと

隠岐水産高校食品生産コースのみなさんに感謝

<(_ _)>

 

 

 

 

・・・ おまけ ・・・

 

ここしばらく更新がストップしておりました

ブンテンブログ

 

買い物なんかで出会う方に

体調を心配していただいたり

お忙しいのでしょうねと言っていただいたり

呑み会続きなんでしょ?と言い当てられたり

 

(;'∀')

 

 

 

 

 

そんなお声をかけていただいて

改めて考えてみれば

なんと

めずらしく10日も更新が止まっていたのですな~

 

 

 

ご心配いただいたみなさま

ありがとうございます

 

 

 というわけで

 

我が家のこの10日をざっくり「ノーナレ」でご紹介

…「ノーナレ」…

 

NHKの新感覚ドキュメンタリー番組のこと

ナレーション一切なし

ノーナレーション

これがまた見る側の感性にひびいて

やけにおもしろいのです

 

我が家の10日間がおもしろいというわけではありませんけども

 

 

…海士のさくらまつりに飛び込み参加…

…念願の紺屋の夜…

続きを読む 0 コメント

年の瀬感とてづくりピザ

 

ようやく冬将軍が本気を出し始めたらしい

 

雪まじりの雨も降ったりして

寒いイチニチでした

 

 

こうなると年の瀬感も出始めますね

 

 

ブンテンにも

ようやくあれこれと「年の瀬感」

 

 

 

 そうそう

昨年物議をかもしたイルミネーション

 ショッカーみたいって言われたりとかね

 blogより…「改善要求

 

 

 

今年も始めてみました

"(-""-)"

 

 

 

さて

今年の具合はどうでしょう

 

 

こうご期待

🎄

 

 

 

そうそう

イルミネーションのラインと格闘していた店長さん

 

道路の向こう側から

 しっかりとみられていたようで…

 

茶輪拠屋blogより

 

 

 

 

 

 

 

寒いのは苦手ですが

冬もいいもんだなと

時々ふっと思うことがあります

 

 

 

 

 

積もった雪の美しさだったり…

夜の町にきらめく小さなアカリだったり…

 

ほかほか湯気があがるカニだったり…

気のおけない仲間と囲むお鍋だったり…

 

冬麦酒も必須

🍺

 

 

 

 

小さな「冬のおたのしみ」をちまちま集めて

冬ごもりしてしまいたい

 

 

 

写真:ちいさなイルミネーションツリー

6000円+税

 

シンプルですがとってもきれい

夜はもちろん…

昼もそれなりに…

 

 

 

 

 

・・・おまけ・・・

 

 

 サムライ君ピザを焼くの巻

 

 

生地も…

 

 

ソースも…

 

 

すべて手作り

( ゚Д゚)

 

 

ばあばにいただいた栗原はるみさんのレシピをみながら

大奮闘

 

 

 

なかなかいい具合のピザができました

(^^♪

 

 

 

その日の我が家のメニューは闘牛カレーだったので

最後の1枚はカレーをのっけて…

 

ダイナミック焼きカレーピザ

 

 

 

 

0 コメント

さくらまつりのおしらせ

ブンテンに「島と島根のイイモノ」コーナーがあります

 

「島のイイモノ」として

一番はじめに扱い始めたのは

海士町の「さくらの家」で作られる「ふくぎ茶」でした

 

 

 

ふくぎ…というと分からなくても

「黒文字」というとピンとくる方は多いかもしれませんね

 

島のいたるところに自生する黒文字の木

その黒文字の葉っぱや枝、花などを乾燥させお茶にしたものです

 

薄桃色の美しい水色(すいしょく)

 

独特のスパイシーな香り

 

島のハーブティーとして評判がよく

おみやげとしてもよく求めていただきますが

隠岐では昔から人々の暮らしの中にあるお茶なのです

 

 

 

 

 

 

さてその「さくらの家」で

「さくらまつり」というイベントが開催されます

 

12月だけどさくらまつり

🌸

 

 

 

 

すてきなちらしができてますね~♪

 

さくらの家で働く仲間のみなさんだけでなく

地域のみなさんとつながって開催されているのがよくわかる

かっちゃんのフリートーク!?

だれだれ!?

スモーク南ちゃんって??

気になる~~♪

人の名前がちょこっと飛び出す

この距離感がなんとも魅力的なチラシです

 

「ミナミちゃん」って

もちろんあのミナミちゃんですよ

島後でもちょっとした有名人

 

 

なんと

海士小さんとのコラボもあります

 

ステキ♪

 

 

 

 

 

そして

中央あたりにご注目

 

よ~くよ~~く見ていただくと…

 

あらま

『京見屋分店』の文字が♪

 

 

このたび

「さくらの家」さんから声をかけていただいて

ブンテンも販売ブースを担当させていただくことになりました

(^^♪

 

初コパンマルシェから数えると

これで4度目の海士出張

少しずつなじみの顔が増えてきました

コパンのご縁がきっかけで

初めて島後に遊びに行ってみたという方も…

 

イベント参加

小さなちいさな接点ではありますが

このつながりが

島前島後の間の海を渡るきっかけになったりなんかしたら

とってもうれしい

 

もちろん

島後の京見屋分店をのぞいていただけたら

最高にうれしい

(^^♪

 

 

 

 

 

さて 

お天気がどうなりますやら

 

考えてみれば

冬のおでかけ販売は初体験

ちょっとドキドキもしております

 

 

 

海士のみなさま

どうぞよろしくお願いいたします

<(_ _)>

 

 

 

 

・・・さくらまつり・・・

 

 

【日時】12月15日(日) 10:30~14:00

【場所】社会福祉法人「さくらの家」

 

 

 

島前のみなさま

図書館祭りも同日開催です

日曜日のイベント巡りをぜひ♪

 

 

 

島後のみなさま

この機会に島前めぐりなんていかがですか?

西ノ島の図書館「いかあ屋」もオススメです

 

 

 

 

 

・・・ 島後でも!! ・・・ 

 

島後では

 

毎年おなじみのこのイベントが

島後が誇る人気のアマバン

HAL&せな

 

入場無料だそうですよ♪

 

 

隠岐の島ウルトラマラソンの応援歌としても名高い

隠岐のSHIMA-SHIMAも演目に入ってますね

(^^♪

 

 

16日は文化会館へ♪

 

 

o-boyさん

痛風が収まりますように祈っております…

<(_ _)>

 

 

 

0 コメント

できたてカレーパン…木村屋パン… 

 

 

木村屋さんのできたてのカレーパンを

お土産に頂きました

 

 

まだトレーに乗った状態だったパンを袋に入れてもらわれたのだそうで

パンから出た湯気のせいで袋はうっすらと白い

 

(^^♪

 

 

 

弾力があるもちもちとしたパン

香ばしくってザクっと軽い揚げ衣

口に広がる小麦の風味に加わって

スパイシーなカレーの味わい

しかも

具までほんわかあったかい♪

 

 

 できたてカレーパンの破壊力たるや…

 

 

思わずもうひとつ…と言いたくなるのを

かろうじてこらえました

(;'∀')

 

 

 

 

 

午前中の木村屋パンの工場は大忙し

いろんなパンが次々と焼き上がり並んでゆきます

 

そのほとんどが島内のお店に卸されていくのですが

木村屋パンさんでも買うことができるのです

 

 

メロンパンなら9時までに…

カレーパンは10時半から11時…

毎日だいたい同じ時刻に同じパンが仕上がるのだそうですよ

 

 

運とタイミングが合えば

 こんな感じでお好きなパンの焼き立てと出会えるかも♪

 

 

 

 

 

㈲木村屋パン

 

西町八尾の二72

08512-2-0072

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

 

隠岐の島は知る人ぞ知るパン王国

 

スーパーの棚にも

島で作られたパンがたくさん並びます

 

愛の橋商店街のメンバーでもある

我らが西町の木村屋パン

給食のパンから店売りのパンまで作られる

東郷の木村屋給食パン

同じお店と勘違いされがちですが

まったく別のお店です

 

原田にはカナリアパン

隠岐汽船のおいしいサンドイッチはこちらのもの

 

栄町の坂の上は金井パン

ここの食パンは人気絶大です

 

港通りには

天然酵母を使ったこだわりパンのお店もできました

マムズベーカリー

 

どのお店にもそれぞれ特徴があり人気の品があります

総菜パンや菓子パンもいろいろあっておもしろい

 

パッケージもレトロなものあり斬新なものあり

カレーパンもびっくり的な…笑

 

「隠岐での日々」というブログで

隠岐のパンシリーズ』という企画記事を書いておられました

隠岐で独特の進化を遂げるパンを取材する・・・的な

あの企画は時々我が家で今も話題に出ます

 

 

・・・・・

 

今みたいに様々なお菓子が豊富にある時代ではなかった我々の幼い頃

学校から帰って菓子パンをみつけた時は

本当にうれしかった記憶がありますね

 

今や大人気となった出雲のバラパンとか…

カステラ型のカステラパンとか…

食パンにマーガリンと砂糖をのっけたやつ

砂糖のジャリっとした食感が大好きだったなんとかトーストとか…

 

インド人もびっくり…なカレーパン

このパッケージは大社にももちろんあった

 

 

子どもの頃からなじんだ味

折に触れてにふわっと思い出されるものですね

 

 

 

給食のコッペパンも同じく

 

こっぺぱん・・・というその音の響きがまず好きでしたね

 

子どもの頃…

「こっぺ」ってなんだろ?と思いませんでした?

私は激しく思ってました

 

 

いたって当たり前の長丸いパン

小さなビニル袋からぎゅっとマーガリンを絞り出し

それに塗って食べるのです

 

マーガリンの代わりにチョコレートだったりしたら

その日は超ラッキー♪

 

学校を休んだ日は

そのパンを誰かが届けてくれるのですが

それが楽しみでしかたありませんでした

 

給食の時は全部食べられなかったのに

おうちでならぺろりと食べられる不思議

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ おまけ ・・・

 

 

今年のお正月は

出雲大社に2度お詣りしました

 

 実家が神楽殿側に近いこともあって

出雲大社にお詣りするときは

いつも神楽殿側から…

 

神楽殿の大しめ縄を見てそれから参拝

拝殿、そして本殿、と…

その後

北島さんにお詣りしてから参道を登り

出雲大社の入り口ともいうべき勢溜に抜けるのです

 

 

1度目はいつも通りそのルートで…

 

でも

 

よくよく考えれば

 

ルート的には逆じゃないのかね?ということで

2回目は逆ルートでこちらから…

 

 

 

昨日は気が付かなかったのに

こちら側から入ろうとしてふっと目が留まりました

 

鳥居がぴかぴか

 

( ゚Д゚)

 

そういえば

鳥居がかけ替えられたと聞いていましたが…

ほんとにきれいになっておりました

 

 

 

そのぴっかぴかの 鳥居をくぐっていざ♪

 

 

 

 

まずは

参道に入ってすぐの小さなお社

祓井神にお詣りです

 

ここで心身の汚れを落としてから出雲大社に向かうのです

 

祖父とお詣りに来た時は

ここのお詣りは絶対でしたね

 

 

 

・・・・・・・・

 

 

 

 

石畳がしかれて歩きやすくなった

 まっすぐな参道

 

 

1月4日のこの時間帯は

人出もまばら

 

 

・・・・・・・・・・ 

 

 

大社の境内が見え始める位置で

横一列に並んで銘々それぞれスマホで写真を撮っている一団が…

 

ウィンドブレーカーにはHOKURYOの文字

 

部活動の練習がてら

ここまで走ってこられたのでしょうか

 

HOKURYO高校からならば

距離的に

ここまで走ると程よい運動になりますね

 

 

続きを読む 0 コメント

隠岐の島に木造船漂着!!

 

木造船が隠岐の島に流れ着きました

 

テレビでもネットでも

お昼から何度も情報が流れていたので

ご存知の方も多いと思います

 

 

 

木造船が漂着したのは

島を時計に見立てるとちょうど9時のあたり

 

蔵田という地区です

 

海流の関係でお隣の国から様々なものが流れ着きますが

今回も海の向こうの方でした

 

 

 

 

ニュースで詳しいことがわかるまでは

かなり心配しましたけど

 

どうやら

北朝鮮沿岸で漁をしていた漁師さん達が

エンジントラブルに見舞われてそのまま流されてきたのだそう

 

 

 

 

12月6日にエンジントラブルに見舞われ

それから漂流していたとのこと

木の杖にすがって歩くなど

かなり衰弱はしておられたそうですが

命に別状は無くそれが何より

 

 

映像を見て驚きましたが

本当に小さな木造船

船内は雑然としていて廃船と見まごうほどでした


穏やかな冬とはいえ

コントロールを失った船で海上を漂っているその状況は

想像するだけで恐ろしくなります

 

陸地が見えた時はほんとうに安堵されたことでしょうね

 

 

 

暖冬だったことも幸い


 

     

 

蔵田地区にはわが友人も暮らしているので

ニュースを知った時は目が飛び出そうになりました

 

 

 

漂着しているのを発見したのは地域の方だったそうですが

木造船から降りた人たちが防波堤を越えようとするのを目にした時は

衝撃だった事と思います

 

 

でも

 

おなかがすいた、寒い、

そうしたジェスチャーをするかの国の人たちに

集落の人たちは驚きながらも

おにぎりを与え

お茶を与え

上着も貸してあげたのだそう

 

 

 

周りはかなりざわついて

ネットでもずいぶん憶測が流れていたのだけど

案外蔵田の地でかの国の人たちに向き合っていた人たちが

一番落ち着いていらっしゃったのかもしれませんね

 

 

寒そうにしていたから上着を貸した

おなかがすいたというからおにぎりをあげた

 

それだけのこと…

 

どこの国の人だとか

あの国の人だとか

そういう状況になればそんなこと関係ない

 

それはいかにも隠岐らしい…と

 



そして

かの国の人たちも

警察官に保護されて立ち去っていく際に

助けてくれた集落の人たちに何度も何度も頭を下げ

感謝の思いを伝えていかれたのだそう

 

 

 

 

 

 

あちこちから聞こえるそんな状況

テレビの中、インタビューを受ける穏やかな女性の声

そうしたことに

ちょっと安堵しながらも

 

ただ

 

あんな小さく古い木造船で

たいした装備もない状況で

冬の海を越え

ここに上陸することができるということ…

…今回は漂流だけれども…

 

その事実も改めて認識させられたできごとでした

 

 

 

 

 

 

 

0 コメント

おでんをつくる 

寒の入りを過ぎました

 

でも

なんだか冬だということを忘れてしまいそうな

穏やかなお天気です

 

去年の冬が嘘のよう…

 

 

 

・・・・・・

 

 

 

 

冬になると

無性におでんを作りたくなる瞬間があります

 

今日の夕食のおでんも…
昨日の夜の段階で決定事項

 

明日はおでん

何が何でもおでん

 

笑 

 

 

 

 

 

みなさんもうご存知でしょうが

 

だいたいにしてずぼらだし

雑だし

お料理は苦手だし

ラクチン手抜き万歳なタイプなのだけど

 

でも

なんででしょうかね

 

冬のおでんだけは

ちょっとだけ丁寧に作りたくなるのです

 

 

 

 

必殺おでんの素はもちろん

秘蔵のねこぶだしも封印

 

 

 

 

 

 

 

 

頂いた上物のなが~~い昆布を水出しで…

 

 

 

出汁にするのはもったいないほどの昆布

もちろん

水出しにしてふにゃっとなってから

くりんと結んで具になります

 

 

 

 

 

そして

これまた頂き物の高知の鰹節

こいつがいいシゴトをするのです

 

 

もちろん隠岐のあごも忘れずに♪

 

 

 

 

 

下ゆでした大根に

悲しいかな

私の性格がよくにじみ出ております

 

 

面取りしてあったりなかったり

 

丸いものあり

イチョウ型あり

薄いものあり

厚いものあり

 

 

(;'∀')

 

こうしてみるとちょっと笑える

 

 

 

 

ただいま煮込み中

 

 

うまいかどうかももちろん重要

 

でも

私にとって冬のおでんは

「ちょっと丁寧につくる」ことを楽しみたいと…

たぶん

それなんだろうなと思います

 

 

 

 

 

というわけで

定休日はおでんのイチニチでした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ 火曜日ランチの旅♪ ・・・

 

 

 

煉瓦屋さんのランチメニューは本当にいろいろあります

 

ラーメンあり

定食あり

お肉系あり

バスタだってドリアだってあるのです

 

 

 

毎回次は違うものを…と思いながら

どうしても他が選べない…

 

 

 

 

 

 

うふふ♪

 

ハンバーグピラフ

(^^♪

 

 

ぷりぷりのえびやタコがどっさり入った

シーフードピラフ

その上に

ほどよいサイズの手ごねハンバーグ♪

 

ピラフとデミグラの相性抜群

癖になります

 

 

 

…煉瓦屋…

 

08512-2-3525

営業時間  昼:11:00~15:00 夜:17:30~21:00 

定休日 水曜日

 

隠岐の島町で洋食といえば煉瓦屋さんです

 

先代からの味を守りつつ

新たなジャンルの料理も加え

様々な食のニーズにこたえていらっしゃいます

 

お子様連れでも安心してお食事を楽しめる

お座敷席もありますよ♪

 

 

 

・・・ おまけ ・・・

 

 

~なにもしらない島へ とっておきの旅~

 

なにもしらない島…

 

むむむ…その心は???

 

 

気になります…

0 コメント

隠岐の島の出初式2019

 

隠岐の島町の消防出初式が行われました

 

消防団員として2年目を迎える我が家のサムライくんも

消防ウェアに身を固めて出動です

 

 

 

心配されたお天気もまずまず

 

昨年ほどの青空ではなかったものの

雨や雪が落ちなくて何よりでしたね 

 

 

 

サムライ君の姿がちょこっとでも見えるかなーと思いながら

一斉放水が行われる役場前に出向きましたが

同じ制服の消防団員さんがズラリ

 

分かるわけないか

(;'∀')

 

逆に

茶輪拠屋blogより…隠岐の島町消防出初式一斉放水

 

 

 

 

到着するとすぐに

高らかにトランペットの音が響き渡り

弧を描くように放水が始まりました 

 

 

各地域を火災被害から守る真っ赤な消防車と

青い制服の消防団員さん

 

ズラリと揃うとなかなか壮観です

 

 

 

高いはしご車からも

対岸まで届きそうな勢いで放水が始まりました

 

 

 

立ち込める霧のような水煙が

川の上流側から吹き付ける冷たい風に乗って

橋の上で観覧していた私たちのところまで届きます

 

 

顔の周りもいつの間にかしっとり

カメラのレンズは水滴だらけ

 

誰かが「しょっぱい!」と言ってましたが

確かに口元にしょっぱさが…

 

このあたりは汽水ですもんね

 

 

わずかながら差す光のおかげで

川面あたりの水煙の中に虹を見ることもできました

 

 

 

虹のはしっこも見届けられるくらい

 

手が届きそうなところにぽかっと浮かぶ淡い虹

 

 

 

 

寒い中

ほんとうにみなさまお疲れ様でした

 

 

この消防訓練の成果が発揮されることなく

火災のない安全な一年となりますように

 

 

 

・・・・ おまけ ・・・・

 

水しぶきが冷たいけれど

 

この迫力を前に

 

すっかり虜になった様子のかわいい少年

( *´艸`)

 

かっこいいもんね

 

 

 

対岸から覗いてみるとこんな感じ

 

スマホを持つ手もかじかんで

写真もなかなか撮りにくい

そんな寒い朝でした

 

 

この後のナオライでいただくお酒が

冷えた体にしみわたったことでしょうね

<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

blogより 2018/01/06/隠岐の島町消防出初式

0 コメント

明けましておめでとうございます

 

それみたか

日々が大事じゃ

大晦日

 

 

MさんのFBで見つけてしまったこのフレーズ

 

もうそのまんま

これは私のことを言ってるに違いないと

そんな気さえする大晦日のイチニチでした

 

 

もう…あらゆることに目をつぶって見ないふり

 

年賀状だけはなんとか書き終えポストイン

夕ぐれ時に届けていただいたお節料理を頂いて

年越しそばには

オトモダチが打ってくれた隠岐そばをずるずるっと…

 

 

 

 

みなさまのおかげで

 なんとかかんとか年越しです

 

 

 

 

さて

 

年賀状書きも佳境を迎え

平成31年まであと5分というところで

 

いったんペンを止め

毎年恒例の八幡さんへの初詣に出かけました

 

 

 

 

勝負の神様

 上八尾の東山神社からは

年明けを示す軽快な寄せ太鼓の音が…

 

 

 

 

ライトアップされて浮かび上がる社と

煌々と輝くかがり火で

なんだかちょっと幻想的な気配でした

 

 

 

 

平成最後の初詣

 

おみくじは大吉♪

いい年になりそうです

 

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします

<(_ _)>

 

 

 

 

 

0 コメント

つれづれに…スープがさめない距離とドデカイブリ…

 

わが一族は西町のある一角をがっつりと固めるように

肩寄せ合ってくらしております

…寄せ合ってはないか 笑…

 

 

我々ブンテン一家

その裏にはブンテン父母

お隣には店長さんの兄さん夫婦

その横に兄さんのお嫁さんの妹夫婦

ブンテン前の路地を少し行くと

細長い130段ほどの階段があるのですが

その階段を上がり切れば店長さんの実家があって…

 

 

集合~~と誰かが号令をかければ

全員集合まで正味5分かかるかどうか…

 

まさにスープがさめない距離

 

 

店長さん兄弟は3人ですが弟二人は養子に入り

今や苗字は3人ばらばらだというのに

なぜかここに集結しているという…

 

何とも不思議なご縁を感じます

 

 

 

さて

昨日はお兄さん一家と一緒に鍋を囲みました

 

帰省でかえってきていた兄さん一家の子どもたちも揃い

 

久しぶりににぎやかなひと時

 

 

年賀状進行状況が緊急事態となりつつあるので

ほんと夕ご飯を一緒に食べるだけ

さらっと集合

さらっと解散

 

忘れ物があれば取りに帰ればいいし

ガスが無くなればもらいにいけばいいし

麦酒がたりなくなればとなりまで走ればいいし

 

お隣だからこそのお気楽お鍋

 

 

 

 

 

残念ながら

サムライくんは忘年会でいませんでしたが

久しぶりにいとこが集合

 

昔はこうして集まれば

ゲームだトランプだと

ご飯が終わるなりわちゃわちゃと子ども時間に突入していたものなのに

今や最後まで食卓を囲み

「大人な話」をしているわけです

 

 

家族として重ねた時間の重みとそれぞれの成長を

しみじみ感じたひと時でもありました

 

 

 

それにしても

「スープがさめない距離」っていいもんですね

 

 

 

ほどほどの距離感

その中にある絶対的な安心感

 

 

 

 

・・・ おまけ ・・・

 

今年も届きました

氷詰めにされ

海を渡って届くどでかいブリ

ピッカピカ♪

 

お気楽鍋のメニューを急遽ブリしゃぶに変更

お刺身とカマの塩焼きも…

 

 

サムライくんがお勤めしている会社から届く

年末のお届け物

 

 

心からありがたく頂きました

 

 

 

 

 

 

4 コメント

年の瀬のつれづれ…年賀状と大きなアジと

 

連日の冬日

 

我が家周辺ではまだ氷点下表示はお目見えしませんが

さすがにアウター無しでの外出はできなくなりました

 

 

さて 

 

今日の午後

お店は店長さんにお任せして

私は完全撤退

 

 

 

 

今になって

年賀状

 

ようやくスタート

 

 

 

リビングでは誰かが突然入ってきたりして

糸のごとき私の集中力はその都度ブツブツちょん切れるので

必要な道具すべてをかき集めて

「竹の間」にひきこもりです

呑んだくれた仲間含め

我が家で泊まることになった人が

一夜を過ごす和室

なぜか「竹の間」と呼ばれております

「竹の間」宿泊ご希望の方

麦酒を抱えてどうぞ♪ 

 

 

うだうだと呑んだくれ

ぐずぐずと先延ばし

今になって寝る間を惜しむようなことになる

 

 

自業自得とはまさにこのこと

あと3日早く取り掛かればよかったよ~~と

毎年同じことを思う年の瀬です

 

  

 

雪見障子の向こう側

誰に踏まれることなく白いままの屋根の上のきれいな雪と

ちらちらと降り続ける雪と

その穏やかな美しさがせめてものなぐさめか…

 

 

 

・・・・・・・・・

 

 

あたりが薄暗くなったころ

大事なモノを買い忘れたことに気が付きました

 

 

慌てて着込んで出動です

 

気温が若干あがったのか

みぞれ交じりの雪

 

みぞれになると

雪よりずっと冷たく寒く感じる不思議

 

 

 

 

そんな中

私と入れ違いにアバレンボウくんが帰ってきました

 

服はびしょぬれ

鼻は真っ赤

 

手には

大きなアジ2匹を持って…

 

今海からあがったばっかし

まだ口をパクパクさせている

ピッカピカのアジ

 

 

 

まな板ぴっちりのいいサイズ♪

 

お刺身にするのにほどよい大きさのアジでした

 

生姜を切らしていたのが残念無念

 

でも

ワサビ醤油で

ネギをちらしても絶品

 

おいしく頂きました

( *´艸`)

 

 

 

 

まだ息があったアジくんたち

私がつかむと

ギュギュギュっと「音」を出しました

 

 

 

そうそうこの「音」

いや、この「声」かな

 これを聞くと思い出すことがひとつ

 

もう15年も前のこと

当時2年生の男の子Yくんが

アジ釣りに行ったときのことを書いた日記

 

お父さんとの釣りが楽しかった…その思いが爆発したかのような

なんともかわいい日記でしたが

 中でも強烈に印象深かったのが

その中の一文

 

「先生、アジってなくんだよ」

( ゚Д゚)

 

Yくんの担任の先生にその日記を見せてもらい

かわいさに悶絶しながらも

アジって鳴くかえ?と若干不思議だったのですが

後に「鳴き声」の正体がわかりました

 

釣り上げられたり

今捌かれようとして押さえつけられたり

そんな瞬間にアジが出すあの「音」…

 

Yくんは

「キチキチキチっとアジがないた」と書いていました

 

Yくんにとって

「鳴く」というよりは

「泣く」だったのかもしれませんね

 

 

 

きっとこの「声」だったんだなー

Yくんが聞いた「泣き声」は…

 

まだ息があるアジをさばくときはいつも

アジくんごめんよと

アジに最後のとどめをさしつつ

Yくんのあの日記を思い出すのです

 

Yくんももう22歳?23歳?

どんな若者になっているんでしょうかね

アジ釣りしてるんでしょうかね

やっぱり

アジが鳴いた!と思っているんでしょうかね

 

若者になったほのぼのYくん

会ってみたいです

 

 

 

 

 

 

それにしても

 

こんな寒い日にも

海に行きたくなる釣り人の心理って…

 

ほんと感心

 

( ゚Д゚)

 

麦酒を買いに行くにも

着込みまくって車で出かけた私

 

ちょっと反省

(;'∀')

 

 

 

 

0 コメント

冬はやっぱり寒い

寒いイチニチでした

 

冬はこんなもんだとは思うけれど

ここまでが暖かかったから

これだけ冷え込むと少々こたえます

昨日も似たようなこと書いたかもね

(;'∀')

 

ただ

昨年のような凍てつく寒さではありません

 

積もってはゆるみ

ゆるんでは積もり

 

絶え間なく雪が降り続ける

そんな感じ

 

 

ちなみに

昨年の1月はこんな感じでした

 

 2018/01/11/雪の日の朝/

2018/01/13/寒波に呑みこまれております/

 

 

 

寒かったし

よく積もったし

よく止まりました

…飛行機もフェリーも…

 

 

25年にもなった私の隠岐暮らしの記憶の中にも

去年みたいな冬はありませんでした

 

 

冷凍庫にいるんじゃないかと思うほど寒かった

けれど

圧倒的な雪景色の美しさに何度もため息をついた

 

そんな冬

 

2018/01/30/寒波のおかげで-島の冬景色/

 

 

 

 

冬は寒くて嫌だけど

でも

雪が降るのはなんだか嬉しい

 

毎年冬になると

私の中のこんな矛盾に戸惑うのであります

 

 

 

 

 ・・・ おまけその1 ・・・

 

 

我が家の腐れ縁的オトモダチから届いた貢物

 

きっちり人数分がそろえられて並んだそばは

もちろん手打ちの隠岐そばです

 

隠岐そばといえばサバだしですが

そのサバだしもまちがいなく彼の手作り

 

 

もみのりと柚子までつけてくれるところが

さすがつよちゃん♪

 

 

 

持つべきものは友

しみじみありがたく頂きます

<(_ _)>

 

 

 

・・・ おまけその2 ・・・

 

 

すてきな「マンション」をみつけてしまったにゃ

 

「マンション」の左となりの掛け棚には

その年の干支を描いた大きな絵馬が…

 

ちなみに

左はとり年

右は戌(いぬ)年

もうすぐその横にいのししが…

 

ねこの年もあったらいいのにね

=^_^=

0 コメント

雪が降りました

 

 

日が射したかと思ったら

 

一瞬で空が曇って雨が落ちる…

 

 

今日の空はいかにも山陰の冬といった気配でした

 

 

 

 

 

朝の河童様の祠

愛宕山の向こうにはお日様が顔をチラ見せ…

 

 

 

 

昼過ぎには窓の外で

バチバチバチっと豆まきのような音が…

 

 

すぐに止みはしたけれど

雨交じりの大粒のあられが地面を打ち付けるその音でした

 

 

 

年末年始は寒波襲来の予報に戦々恐々としつつも

なんとなく

このところ暖かかったから

すっかり油断していまっていたんだな

 

キリギリス的な私

あれだけ寒さが苦手なくせに

悲しいかな

本当に寒くなってようやく慌てるという

毎年のパターン

 

 

 

 

 

夜明け前の河童様の祠

 

いつのまにこうなったんだろう

もうすっかり雪化粧でした

 

 

 

 

 

 

・・・・ おまけその1 ・・・・

 

タイヤは店長さんが交換してくれたから

なんとかセーフ

 

 

なんとかならなさそうなのは

 

大掃除と

 

 

 

今年もだ

(;'∀')

 

 

 

 

 

0 コメント

西町にサンタクロースがやってきた!

 

あたりがすっかり暗くなった夕方6時

 

 

ひっそりとブンテンにやってきたのはこのヒトでした

 

真っ赤な衣装と真っ白なおひげ

 

 

このスタイルはまちがいなくあの人です

 

クリスマスイブの今日

世界中で一番多忙な人と思われます

 

サンタクロース

(^^♪

 

 

 

今宵

上八尾地区のよい子のところに

プレゼントを届けにきてくれたのです

 

 

 

 

 

本日初出動のサンタクロースさん

実は若干緊張気味

 

そわそわと窓を鏡替わりに身支度チェック

 かわいいサンタさんですね

 

 

 

 

身支度が整ったところで

いよいよ出動

 

 

 

夏の間はたろさんを乗せるのに活躍したキャンプカーゴに

今日はどっさりとプレゼントを詰めこんで

 

クリスマスソングを響かせながら

夜の西町界隈に消えていくサンタクロースと謎のおじさんたち

 ちょっと怪しい

 

 

 町内の子どもがいるご家庭を訪ねてまわり

プレゼントを贈りました

 

 

喜んだ子も

びっくりした子も

もしかしたら

怖い思いをした子もいたりして

 

 

 

でもまちがいなく

クリスマスの夜に夢を添える

そんなひとときとなったことでしょう

 

 

 

 

できればついていって

サンタクロースと対面する子どもたちを見てみたかったな~

(^^♪

 

 

 

 

 

上八尾のサンタクロースさん

おつかれさまでした

 

 

 

MERRY CHRISTMAS!!

 

0 コメント